なかまユニオン2020旗開き 「わたしには仲間がいる喜びかみしめて」

 1月12日、大阪市内で、なかまユニオン2020旗開きが開催されました。

Img_20200112_114217_20200112185545

 なかまユニオンの旗開きは、組合員による手作り企画です。とりわけて料理は、「炎の料理人」と呼ばれる執行委員の立案をもとにして、みんなで分担して作って持ち寄ります。みんな慣れているので、てぎわよく盛り付けていきます。

 また、飛び入りでたくさんのタコヤキを提供してくれた組合員もいました。

2020_01120002

 今年は、おでんを温めておく電熱式の特製お鍋も登場。

2020_01120025

 旗開きは、最近亡くなった組合員Mさんへの黙祷から始まりました。介護福祉支部の活動に尽力された方で、まじめで暖かな人柄でみんなから好かれていた人でした。長い闘病生活は苦しかったと思いますが、最後までユニオンの仲間のことを考えてくれていたと聞きます。

2020_01120030

 そして、最近に職場の問題が解決した組合員への花束贈呈。全員が参加できたわけではなかったので、花束が余りました。それだけたくさんの解決ができたということです。

2020_01120040

 鏡割りは、なかまユニオンの井手窪委員長と、東リ偽装請負裁判を闘うLIA労働組合の藤澤委員長の二人で行われました。舌の肥えた組合員もいるので、お酒はかなり上等のものを用意しました。

2020_01120044

 そして、2020年の健闘を祈願して乾杯。

2020_01120019

 ちらし寿司も煮卵もインドカレーも、美味かったです。

2020_01120055

 組合員からの出し物が続きました。フランスの愛の歌、韓国のセウォル号沈没事件真相解明を求める歌、ユニオンで職場に花を咲かそうと呼びかける歌。

 

 教職員なかまユニオンからは、大阪の教員人事評価がおかしなことになっているという訴えがありました。

 営業売り上げ額が「業務成績の目安」になる営業職などとは違って、教員の業務評価はたいへん難しいことなのです。ところが、教育委員会からは校長に対して「誰でもいいから、学校で一人の教員を選んでこいつはダメだという評価を出しなさい」という命令が出ているのです。結局、校長に対してごますりをしないような人とか、欠点をつけられても文句を言わなさそうな気の弱い人とかが、イケニエにされてダメ評価になり、給料を減らされているのです。これが、維新の会がやりたかった教育改革なのでしょうか?大失敗と言わざるをえません。

 なかまユニオンは、おかしい!と声を上げています。詳しくは「47NEWS教員人事評価」で検索してみてください。

2020_01120063

 そして恒例の、川柳大会。参加者がその場で川柳を書きます。

 今年の優秀賞は二つ。一つは、「わたしには 仲間がいる 喜びかみしめて」

 もう一つは、「公文書 桜のごとく 消えゆく」

 特別賞は、「小学校 がんばる」 でした。子どもが生まれてみんなで育てていくことを、喜びあえる社会にしたいものです。

 ほかにも、なかまユニオンに出会い、なかまユニオンに入り、職場の問題を解決できた喜びを表現した川柳がたくさんありました。

 2020年も、なかまユニオンはたくさんの人と出会い、たくさんの職場を明るくしていきたいと思います。

2019_11250028

 

 

 

 

 

|

家族を想うとき・「フランチャイズ個人事業主契約」が引き裂く家族の絆

 ケン・ローチの映画「家族を想うとき」を見てきました。

3157663c07e15519

 リッキーは、イングランドの地方都市に暮らす建設工。10年前にバブルがはじけたおかげで建設の会社を追われ、様々な仕事を転々としてきました。妻のアビー、高校生の息子セブ、小学生の娘ライザとの4人家族で、借金まみれで貧しいながらも、あたたかな家庭を築いてきました。

622b5421d33ab578c434eaae4db23f681440x960

 しかし、リッキーは、この貧しい暮らしからなんとか抜け出したいと考えました。どんな仕事でもやってやろうという気概を持つリッキーは、フランチャイズ契約の宅配便ドライバーの仕事があることに目をつけました。

Capture_decran_20191019_a_091313

 リッキーは、宅配会社PDFの本部を取り仕切るマロニーを訪ね、契約を申し込みます。マロニーは言います。「うちは、あんたを雇うわけではない。あんたは独立した自営業者だ。勝つも負けるも、すべては自分次第だ。できるか?」

 リッキーは、「ああ、長い間、こんなチャンスを待っていたんだ」と強気で答えます。しかし、リッキーはこの仕事のことを詳しくは理解していなさそうです。

2184785jpgr_1280_720f_jpgq_xxxyxx

 「宅配で使う自動車は、自分で調達するのだ。自前の車で来るか、それとも会社から有料で借りるか?どっちだ?」さっそくマロニーに尋ねられたリッキーは困ってしまいます。会社から有料で借りればレンタル料が高すぎて、儲けがありません。かと言って自分で車を購入するだけの資金は手元にありません。

 リッキーはしかたなく、妻のアビーが在宅訪問介護の仕事のために使ってきた車を売却することで、宅配車の購入の頭金をなんとか作ったのでした。

Sorrywemissedyou

 宅配便の仕事が始まります。マロニーはリッキーに、「スキャナー」を手渡します。スキャナーは、本部で荷物を受け取ったことや、配達先に荷物を届けたことを管理するだけではありません。配達時間の管理、最も早く到達できる配達ルートのナビまでやってくれる優れものです。

 「スキャナー」のおかげで、リッキーは仕事中は一息入れることもできません。配達が一分でも遅れれば、「スキャナー」から本部にその情報が届き、ペナルティを科せられてしまうのです。運転席から2分離れただけで警告音が鳴ります。おかげでトイレにも行けません。

 配達のノルマは過酷です。不在の家があれば改めて配達に行かないといけません。毎日14時間も働かないと、全部を配達することができません。

Rythmeinfernalimposerickyemploichauffeur

 学校が休みの日、娘のライザはリッキーの仕事を手伝います。二人で協力して走れば、何とか時間内に仕事を終わらせることができたのです。しかし、家族を宅配車に乗せることは本部が禁止している行為でした。

Sorrywemissedyou_0hero

 妻のアビーは介護福祉士で、在宅訪問介護の仕事をしています。1日に何人もの利用者の介護に飛び回らなくてはならず、時間がかかる気難しい利用者がいれば、どんどん時間が無くなっていきます。

Maxresdefault

 リッキーの宅配車購入のために、自分の車を売ってしまったアビーは、訪問先への移動のためにバスを利用しないといけなくなってしまいました。バス停で長い時間を過ごさないといけなくなってしまったアビー。子どもたちと晩御飯を食べる時間も奪われて、子どもたちの携帯に「冷蔵庫にあるパスタを食べておいて」と留守電しておく毎日です。子どもたちの心に不安と負担が募っていきます。

Sorrywemissedyou1 

 息子のセブは、グラフィティという街頭の壁への落書きアートに没入していきます。言葉にならない不安感を、シュールな絵にして表現せざるをえない衝動に駆られるのです。学校も休みがちで、学校の先生からしゅっちゅう連絡が来ますが、仕事で忙しいリッキーとアビーは、学校どころではありません。

 ついに、セブが学校でけんかをしたので親に学校に来てほしいという呼び出しがかかります。しかし、リッキーもアビーも仕事を中断することができません。親が来ないということで、セブは停学処分になってしまいます。

12547113

 リッキーは本部のマロニーにかけあいます。「なんとか、休みをもらえないだろうか。家族がたいへんなんだ。」

 マロニーは答えます。「それは、私に言うことではない。休みが欲しいなら代わりの人を探せばよい。それがあんたの仕事だ。仕事に穴をあけることは許されない。そういう契約だ。」

 追い詰められるリッキー。事態はますます深刻になっていきます。

Mv5bmduzywi5nzmtmju4yi00zwy3ltgyogytnjkw

 フランチャイズの個人事業主契約とは、なんという不条理な世界でしょうか。個人事業主だから、本来ならばいつ仕事をして、いつ仕事を休むか、自由に決めることができるはずです。ところが、リッキーは家族の都合で休もうと思っても、休むことが許されない。

 こんな契約は、奴隷といっしょです。決定権を持てない人が、責任を取らされる。そんなことはおかしいのです。

Nintchdbpict000402761257

 この映画の原題「Sorry, We missed you.」は、「申し訳ありません。あなたに会いたかったです」という意味で、イギリスの宅配便の不在連絡票に書かれている言葉です。

 リッキーは、宅配先の住人が不在のたびに、「Sorry, We missed you.」という紙きれを放り込み、またあとで配達に来なければいけないので、今日も仕事が終わらなくなるとため息をつかないといけません。

 しかし本当は、リッキーは、晩御飯の時間に家に帰ることができなくて、家族に対して「Sorry, I missed you.」と言いたかったのではないでしょうか。家族とすごす時間もとることができないような働き方は、間違っています。

 日本でも、ウーバーイーツや、コンビニで働く人が個人事業主というのは名ばかりで、本部の奴隷のように扱われていることが問題になっています。この映画で描かれたイギリスの働き方の問題は、他人事とは言えません。「働き方」の重い実態、ケン・ローチの問題提起は重大です。

 

|

シンクライアントなら、データは残っている・桜を見る会疑惑

 12月3日、大阪市内で、総がかり実行委員会による「桜を見る会」疑惑を追及する緊急集会とデモが行われました。

2019_12030058

 政府主催の「桜を見る会」に多数の安倍晋三後援会や安倍夫人の私的なお友達や反社会勢力の人が参加していて、公金を不正に使い込んでいたのではないかという疑惑。「桜を見る会出席者の名簿を出せ」と国民誰もが思っているのに、「名簿はシュレッダーにかけて破棄したから無い」という回答。おかしすぎます。自民党の二階幹事長ですらが、名簿を廃棄する必要は無いと言っているのにです。

 「紙の名簿が無くても、コンピューター上に名簿のデータが残っているはずだ。それを出せよ。」これも、誰もが思うことです。ところが、12月2日の国会で安倍総理は、「内閣のコンピューターはシンクライアントなので、データは無い」と説明したのです。

Ice_screenshot_20191203164816

 このことについて、石垣のり子議員がきびしく追及しています。「シンクライアントであれば、逆にデータは残っているはずだ!」

 たしかに、シンクライアントであれば、個々の端末にはデータが残らないのです。データをすべて一括して大元のサーバーに保管するのが、「シンクライアント」(THIN CLIENT=薄い端末)というやりかたです。そのかわり、シンクライアントでは、サーバーはたいへん大きな記録容量を持つことが必要になっています。データはサーバーに残るのです。

Ekyoeicucaahxqo

 上の図が、石垣のり子議員が追及に使っている図です。シンクライアントの内閣府のコンピューターのサーバーの想定される構造です。東京にあるデータファイル群①や、関西にあるデータファイル群②のデータは消されていても、九州や海外においてあるバックアップ群③④のデータが、数か月で消えるはずがないのです。

 石垣のり子議員の追及に、政府側はこわばり固まった表情で「データは無いと聞いている」とオウムのように繰り返すだけです。まったく話が始まりません。

2019_12030023

 3日の大阪緊急集会には300名の参加がありました。野党では、日本共産党、社民党、立憲民主党の方が参加していました。

2019_12030035

 「桜を見る会」って、もともとは外国の要人を花見に招待して交流を深めるという趣旨で始まったそうです。外交の場ということですね。各界の功績がある方も招くということになりました。それが、安倍政権になってから招待者がどんどん膨れ上がったのです。何の「功績」かわからない人がうじゃうじゃと集まって、国の予算で花見をするようになったのです。安倍総理個人の招待枠は1000人と発表されていますが、招待状の連番から見て実際は5000人にのぼるのではないかという噂もあります。

2019_12030059

 桜を見る会の前夜祭が安倍晋三後援会の主催で東京のホテルニューオオタニで開催されたのですが、会費が一人当たり5000円という破格の安さで、安倍総理が後援会の人たちを買収する手段になっていたのです。安倍晋三後援会の収支報告の中には、この前夜祭のことが全く書かれておらず、不透明な金の流れになっています。この点が、公職選挙法や政治資金規正法にひっかかって、違法なわけです。

2019_12030048

 自民党幹部や公明党幹部は、「総理の国会での説明で、やっと逃げ切れた」と言っているそうです。なんですか?誰から逃げるつもりなんですか? これって後ろ暗いところのある犯罪者の発想ですよね。

 私たちは、絶対に逃がしてはいけないと思います。サーバーの中に保存されているデータを明らかにし、桜を見る会の全容を明らかにしてもらわねばなりません。消費税もあげられて、医療費の患者負担もまたしても上がると言われている時に、総理のお友達だけが甘い汁を吸うなんて、許せません。国家犯罪者に厳罰を!

2019_12030056

|

無農薬野菜がうまい! 大阪ぐりぐりマルシェ

 11月9日、難波神社で開催された大阪ぐりぐりマルシェに行ってきました。

2019_11100046

 無農薬野菜や、健康に良い食品を取り扱う店が集まる手作りのマルシェです。

2019_11100044

 美味しいものがいっぱい。

2019_11100035

 ビーガン・インド料理のモハマヤバートの、インドカレーです。南インドの野菜カレーと豆カレーとをあいがけにしてもらいました。うまい。100%植物性の食材で作った素朴な味。インドの家庭料理ですね。インドには伝統的に、肉を入れなくても美味しい料理を作る素晴らしい文化があります。

2019_11100034

 ここの食材はオーガニック、つまり農薬不使用・化学肥料不使用です。日本では、アメリカから輸入している小麦粉に農薬が残留していることがわかって問題になったりしています。毎日食べるような食材は、安心して食べられるものであってほしいです。

2019_11100048

 オーガニック野菜の店も、たくさん出ていました。

2019_11100056

 小かぶを一袋購入。持ち帰って、つみれといっしょに鍋にして食べたら、美味いこと。

2019_11100040

 ごちそうさまでした。

 

 

|

11.4団結まつり LIA労働組合が支援を訴え

 11月4日、大阪の扇町公園で団結まつりが開催されました。冷たい木枯らしが吹いたものの、天気はよく気持ちの良い日でした。

2019_11040027

なかまユニオンは労働相談コーナー、模擬店などを行いました。

2019_11040009

 LIA労働組合は、公正判決署名を集めています。神戸地裁での裁判は最終局面に入ってきています。問題になっているのは偽装請負なのですが、県の労働局にはまったく問題解決の姿勢がありません。偽装請負の救済制度である「みなし雇用制度」を守るために、ぜひ署名にご協力お願いいたします。

2019_11040015

|

レインボーフェスタ2019

 10月13日、大阪でレインボーフェスタ2019が開催されました。

2019_10130019

 本来は12日・13日の二日間の開催でしたが、台風19号のおかげで13日だけとなりました。

 レインボーフェスタは、私たち一人一人が持つ「性の多様性」を祝福し、互いに認め合う場です。LGBTQや、それには括られない様々な皆さん、そしてアライ(支援者)が集まり、自分らしさを楽しみました。

 1万人が集まりました。ドラァグクィーンのお店の焼きそばは、なかなか美味しかったです。

 性のありかたは、女性か男性かという二つに単純化されるようなものではありません。100人いれば、100種類の性の在り方があると言ってもいいのです。

 一人一人が個人として尊重されるのが、民主主義の基本的な考え方であり、喜びです。性の多様性はとっても奥の深い話なので、少しずつでも理解を深めていきたいものですね。

Img_20191013_124708_20191013175635

|

ストライキするか?そもそもストライキって、何? なかまユニオン定期大会

 6月30日、なかまユニオン第22回定期大会が大阪市内で開催されました。

2019_07130003

 この一年間も、たくさんの成果がありました。一つの職場で複数の労働者が一斉に加入したところがたくさんあり、職場分会活動が進んだことも成果の一つです。

2019_07130010

 なかまユニオン結成20周年集会を成功させ、ユニオンのこれからの姿について考え始めたことも大きいのです。

 定期大会では、10年後には10倍の大きさのユニオンにしていこうという提案が行われました。10年で10倍化と言われても、雲をつかむような話ではあります。しかし、それに向けて、着実に手を打っていこうという話なのです。

2019_07130045

 大会では、恒例の手作り料理もみんなで持ち寄り、大いに食べながら議論が進みました。

 議論になった中に、「ストライキを本気で考えてみないか」というテーマがありました。

Image458

 日本国憲法で規定されている労働基本権(労働三権)は、団結権・団体交渉権・団体行動権(争議権)の三つです。

 団結権とは自由に労働組合を結成する権利。団体交渉権は、労働組合が企業と交渉する権利。逆に言えば企業が労働組合の交渉に応じる義務。そして団体行動権は労働組合がストライキなどの争議行為をする権利です。これは、ストライキを行っても民法・刑法上の免責があるということです。

 最近は、日本の労働組合はこの三つ目、「団体行動権」をあまり使わなくなってきました。つまり、ストライキをすることが少なくなってきました。

 なかまユニオンも、かつてストライキをしたことがあります。事業所閉鎖という非常事態にあたってストライキを決行し、事業所閉鎖を阻止したことがあるのです。しかし、日本全体でストライキが少なくなり、ストライキを知っている人が少なくなる中で、なかまユニオンも最近はストライキをほとんどしていません。

 でも、現実にストライキをしないと問題の解決につながらない事ってあるよね? それが今回の定期大会で出された問題提起なのです。やるべき時にはストライキをできるように準備はしておこうね、ということです。

 なかまユニオンには、公務員の組合員もいます。日本の公務員は、法律によって団体行動権を奪われています。公務員の仲間からは、ストライキをしたくてもできない公務員はどう考えたらいいのか、という質問も出ました。

 私は、なかまユニオンとは別の労働組合の役員をしていた時に、ストライキをした経験があります。定期大会の場では、その経験を話させていただきました。

2019_07140006

 1992年4月28日、全労連全国一般大阪府本部小松病院労働組合は、午前8:30から午前9:30までの時限ストライキを行いました。もう27年も前の話です。当時の始業時間は午前8:50でしたから、業務時間に40分間食い込む形でのストライキだったのです。

 「もうかってるじゃないか、賃上げしてくれ!」「いーや、できない」「賃上げは切実な問題だ。賃上げ回答が無いならストライキをするかもしれないぞ!」「できるものならやってみろ」「交渉決裂だ!ほんまにストライキする!」 というような交渉を経て、例年の春闘ではしたことの無かったストライキを決行したのです。

2019_07140009

 病院という職場は、入院患者さんがいますから、完全に業務を止めてしまうことはできません。また、救急患者も来院するので、最低限の人数は業務稼働しておかないといけません。このような最低限の要員は「保安要員」と呼ばれ、管理職や労働組合員ではない労働者の中から選ばれました。

 ストライキをする以上、混乱をゼロにすることはできません。しかし、患者さんに恨みがあるわけではなく、良い医療を提供する体制を守るためのストライキでしたので、患者さんへの影響はできるだけ少なくなるように、あらかじめ手をうちました。

2019_07140007

 ストライキをする時は、始業時間よりも早く集合し、玄関前で集会を行います。そして始業時間が来てもそのまま集会を続行するのです。

集会をするわけですから、いろんな準備もあります。職場の組合員だけではうまくいかないので、上部団体の仲間も手伝いにきてくれました。

 終了時間が来ると、ストライキの終結を宣言し、仕事を開始するべく職場にもどりました。大きな混乱は無く、整然としたストライキでした。

 このストライキを行ったことで、経営サイドとの交渉も進展し賃上げを勝ち取ることができたのです。

 私たちは、このような労働組合の先輩方の経験に学びながら、新たな時代に応じたユニオン活動を進めていこうと考えています。

 全労連全国一般労働組合の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

|

年金返せ! 2000万円用意しておけって、無茶苦茶じゃんか!

 本日6月16日、東京では「年金返せデモ」が行われました。年金ドロボウを許すな!という話です。

D9gvad9ucae8tv9

 ことの発端は、この6月3日に金融庁が発表した報告書です。「高齢者の収入や支出を調査したところ、収入が足りなくなるよ。2000万円たりなくなるよ。」という報告書だったのです。

D81wp9cu8aabb5v

 これは、日本人の家計調査をして判明したことです。平均的な収入のある日本人の夫婦二人暮らしの高齢者の家庭では、一か月に約5万円の赤字が発生するというのです。

D81wpq3uiaaoinl

 正確には54000円くらいなのですが、あくまでも平均の話をしているので、「5万円」とも「5.5万円」とも報道されています。

 とにかく、それだけの赤字が毎月発生するので、65歳から95歳まで30年間生活するとしたら、2000万円は貯金が無いと赤字の補填ができませんよ、という報告だったのです。

 このグラフで「社会保障給付」と書いてあるのが、年金のことです。なぜ毎月5万円の赤字になるかといったら、支払われる年金が目減りしたからだというのです。

D8do1q5uwaei8_h

 この報告書を見た麻生財務大臣は、「国民のみなさんは、ちゃんと2000万円貯めておけよ!」と言い放ったのです。

 おかしいですよね。老後の生活を保障するためにということで年金という制度があり、年金保険料を毎月支払っているわけです。それを返す段になって目減りしているから自分でお金を用意しておけって、それ何なんですか?

 2004年には、「日本の年金制度は100年間安心だ」と政府ははっきりと言っていたのです。

 麻生大臣おかしい!とみんなが騒ぎました。そうしたら、何が起きたか。「政府はあの報告書は受け取りません。報告書そのものも捨てちゃってありません。政府は何も存じません。」という見解を政府は発表したのです。

D9kehjgu8aehjrl  

 おかしい!あまりにもおかしい!バカにしてるのか?都合の悪い報告書はシュレッダーにかければ問題は解決するのか?

 現在、日本人の三分の一は貯金がゼロです。これは、給料日に銀行口座にお金が振り込まれても、翌月の給料日までに全部使ってしまって、給料日直前にはゼロになる、という人のカウントです。「一か月のうち一瞬でも一円でも口座に金が入ってたら、貯金ゼロとは言わないよね。だから、日本人の中で貯金ゼロの人なんてほとんどいないよね。」などと言ってニヤニヤ笑っている金持ち経済学者がいるのですが、生活実態で考えたら、日本人の三分の一が貯金ゼロなのです。

 ボーナスも無い、残業代も無い、退職金も無い。非正規労働者はそんなのが当たり前になっているんですよ!どうやって2000万円も貯めろって言うんですか!

D9hfnhevuaaveoc

 年金が目減りしてしまったのは、「溶けてしまった」からだと言います。

 氷を真夏に日向に放置したら溶けて無くなってしまうように、年金も溶けて無くなったのだと言います。

 年金が溶ける?どういうこと?これは実際は、年金を払うために積み立てていたお金を使い込んでしまったということです。

 2018年の10月から12月までだけで、15兆円の年金積立金が消滅しました。株を買ったのが値崩れしたからなのです。それ、バクチに手を出して使い込んだということじゃないですか?

 とにかく、払った年金は返してもらいましょう。うやむやにさせてはいけません。

金融庁が作成した報告書「高齢社会における資産形成・管理」。政府が「そんな報告書はもう無い」と言っているので、下記からダウンロードできるようにしておきました。

ダウンロード - e5b9b4e98791e3818ce4b88de8b6b3e38199e3828be381a8e38184e38186e98791e89e8de5ba81e381aee5a0b1e5918ae69bb8.pdf

 

|

ビタミンU・Kさんを偲ぶ会が行われました。

 ビタミンU(なかまユニオン若者支部)の支部長、Kさんが、2018年12月に病気のため亡くなりました。5月26日、Kさんを偲ぶ会を、なかまユニオン・ビタミンU主催で行いました。

2019_05260146

 Kさんは職場のパワハラ問題の解決のために、2011年になかまユニオンに加入しました。パワハラによって勤務できなくなり、そのまま解雇されてしまったのです。

 苦しい日々でした。

 なかまユニオンと最強弁護団による奮闘で、パワハラによる精神疾患は労災として認定され、解雇事件の裁判も解決することができました。

 Kさんは2012年のビタミンU結成に関わり、支部長を務めてきました。

 また、韓国の労働組合との交流にも尽力しました。

 偲ぶ会には、なかまユニオンの組合員だけではなく、ご家族の皆さんや、パワハラ解雇裁判を闘った弁護士、韓国の仲間の皆さんも参加しました。

2019_05260093

 なかまユニオン恒例の手作り料理。今回は美味しいサンドイッチでした。

 突然、若くして亡くなってしまったKさん。組合員の中でも、どう受けとめていいか苦しんでいる人もたくさんいます。みんなで思い出を語り合っていると、それぞれに新しい発見もあり、少しづつ気持ちが整理されていったようです。

 Kさんといっしょにすごした時間を胸に抱きながら、長く生きていきたいです。

 

|

消費税、無くして明るい街づくり

 大阪府内の駅前でこんな標語を見ました。「消費税 納めて明るい街づくり

Img_20190518_175501

 いつごろ作られた標語なんでしょうか。立派なものをわざわざ建てて。この市は、消費税完納推進の街なんだそうです。

 「平成元年4月1日」に始まった消費税。「平成」を通じて3%→5%→8%と値上げされてきました。5%になった時、景気が悪化しました。8%に値上げされた時、たくさんの商店が閉店したことを今でも忘れることはできません。

 貧困な庶民にとって、消費税は毎日の暮らしを抑えつける重圧です。賃金は低いし、ちょっとでも安いものを買わねばならないので、苦労とガマンを重ねています。零細企業は廃業の崖っぷちにあります。大企業の下請け企業は、消費税分を価格に上乗せして大企業に請求することができず、自腹を切って消費税を負担することも多いのです。

 ひどい。ひどい話です。

 「消費税、納めて明るい街づくり」……ため息が出てきます。全然明るくないですよね。

 こんな中で、これを10%に値上げするなどという、とんでもないことが言われています。

 やめてほしいですよね。「社会保障の財源にする」と言われてきた消費税ですが、「平成の時代」を通じて社会保障が充実してきたという実感を持っている人なんていませんよね。実際、消費税は社会保障には使われてこなかったのです。

 世界で最も高価な戦闘機F35は、一機が116億円もします。安倍総理はトランプ大統領に言われて、これを100機も爆買いすることにしてしまいました。設計段階から欠陥だらけで技術的には「完成していない」F35は、メンテナンスや補修のためにも莫大な金がかかります。軍事機密の壁のせいで日本人技術者は触ることができず、何か問題があればいちいちアメリカの技術者を呼んで直してもらわないといけないからです。

 安倍総理の好きにやらせていたら、こんな無駄遣いに消費税増税分の収入は流れて行ってしまうのに違いないのです。今のままでは、今後も社会保障の充実は望むことはできません。

 また、消費税を上げた分、スーパー富裕層の所得税は下がってきました。下がってきたんですよ、お金持ちの税負担は。

 「累進課税」と言って、所得が多い人ほど所得税の課税率は上がっていくのだと説明されてきました。しかし実態は、スーパー富裕層には所得税を減免する制度があるのです。大企業にも所得税減免の制度があります。所得税をまったく払っていない大企業もあるのですよ。

 なぜ、こんな不公平なことになっているのか。スーパー富裕層が金の力で政治をゆがめているからです。

2019_04190291

 今からでも遅くはありません。10月に予定されている消費税増税を断念させないと、日本の経済も庶民の生活もたいへんなことになってしまいます。

 そして、所得税の富裕層減免を廃止して不公平をただすことで、消費税を廃止するべきです。公平な税制度を作りましょう。

 みんなで言いましょう。

消費税、無くして明るい街づくり

 

 

 

|

«自由と尊厳の祝祭0503 生存権を否定する消費税は廃止しよう!