« 高齢者が保険証を奪われるとき | トップページ | 高っ!後期高齢者医療制度の保険料 »

2008年4月1日、その時病院は

 「後期高齢者医療制度がもし実施されたなら。」その日、病院ではこんなことがおきてしまうのです。

 2008年4月1日、駒津病院の一番星先生は、いつものように内科の診察をてきぱきと行っていた。診察室のベッドに横になった高齢の患者Aさんのおなかをさわりながら、先生は真剣な顔をしていた。

一番星 あー。ここは痛くないですか。痛い?どうも肝臓がはれているようですねエ。心配ですねえ。これは精密検査をしないといけませんよ。

患者A 先生、痛い検査はいやだなあ。

一番星 いえ、血液検査と超音波検査ですから、痛くはないですよ。あと、CTもとっておいたほうがいいですね。CTは三日後に予約をとっておきましょう。ちょっと待ってくださいね。電子カルテで検査の予約をしてしまいますからね。

患者A 先生、わたしは癌ですかね。兄貴は胃がんで死んだんですけどね。

一番星 それはね、とにかく検査をしてみないとわかりませんよ。血液検査の結果はすぐにわかりますから、それを見て考えましょう。。。あ。あれっ?エラー?へんなものが画面に表示されたぞ。なんじゃこりゃ。「検査点数が包括額をこ・え・て・い・ま・す」?どういうことよ。あーー、看護婦さん。医事課の苺プリンさんを呼んでくれないかな。

苺プリン 先生、お呼びでしょうか。

一番星 ああ。この電子カルテなんだけどね、これはなんでエラーになるわけ?こんなの出たの初めてなんだけど。

苺プリン 検査の指示をされたんですか。これはね、今日からでるようになった警告メッセージですよ。検査が多すぎて医療費がこの患者様の包括額を超えてしまうので、コンピューターが自動的に警告をだしたんです。

一番星 多すぎるって、さっきの患者にはもっとたくさんの検査を指示したけど、なんともなかったぞ。君、いいかげんなこと言うなよ。

苺プリン さっきのかたは74歳でしたから、大丈夫なんです。このAさんは75歳ですから、包括額が決まっているんです。

一番星 それって、もしかしたら、今日から始まる後期高齢者医療制度と関係あるのか?それにしても74歳ならだいじょうぶで75歳ならダメっておかしくないか。

苺プリン 先生、今頃なに言ってるんですか。先日お見せした説明資料に書いてありましたけど、今日から75歳以上の人は包括額を超える医療はできなくなったんです。後期高齢者医療制度では包括制(ほうかつせい)が適用され、包括額の枠の中だけで医療をするようにって、厚生労働省がきめたんですよ。

一番星 なんで75歳以上の医療を制限するんだよ。75歳以上は命の値打ちがないっていうことなのか。

苺プリン 私もそう思います。命を差別する変な制度ができちゃったんです。

患者A 先生。わたしは検査してもらえないんですか。

一番星 いや。これは絶対に必要な検査だよ。やらなきゃいけない医療行為をやったらいけないなんて言われたの、初めてだよ。ひどいな。苺プリン君、なんとかならないのか。

苺プリン 検査料金を請求せずに、病院が負担するというのなら、検査できるんですが。

一番星 なに言ってるんだ! 超音波検査の最新式の機械を先月買ったばかりなんだぞ。病院は半年前から赤字つづきなんだ。病院が検査料を負担するなんてできるわけありません。

苺プリン じゃあ、先生のポケットマネーから出してあげますか。

患者A 先生、わたしは検査してもらえないんですか。

一番星 困ったな。よし、Aさんの検査料は苺プリン君の今月の給料から天引きにしておこう。

苺プリン ムキャーーっ!なんで私が負担しなきゃいけないんですか。

一番星 コンピューターの管理は君の責任だろう。コンピューターが変な警告をだしたんだから、君の責任だろうが。

苺プリン 先生、コンピューターは厚生労働省の決定にもとづいてプログラムされてるだけです。私のせいじゃありません!給料がかってに減らされるのは労働条件の不利益変更ですよっ。労働組合から抗議の申し入れをすることになりますけど。

一番星 おおっと、そうだったな。君はなかまユニオンの組合員だったよな。これは失礼。いや、冗談だよ。給料から天引きという発言は撤回しますので、お手柔らかに。

患者A 先生、いいかげんにしてください。先生のせいとは思わんけど、結局、わたしは検査してもらえないんですか。

一番星 苺プリン君、なんとかならんのかね。たのむよ。

苺プリン だから、後期高齢者医療制度に反対しようって、私たちずっと署名を集めてたんですよ。今頃気づくんじゃ遅すぎます。こういうことは、実施される前に予防しなきゃいけないんですよ。

一番星 そうか、予防か。うーむ、わかったよ。とにかく、今からでもなんとかならないか医師会に聞いてみるよ。

患者A 先生、病院もたいへんなんですな。なんなら、わたし、もう検査してもらわなくてもいいですから。無理せんといてください。悪いのは、国のお偉い方なんでしょ。

一番星 いやいや、血液検査と超音波検査だけならできるだろう。今日はまずはそれだけをやって、その結果で次の方針を考えよう。Aさん、心配かけてすまなかったなあ。

苺プリン 本当に、病院が患者さんを年齢で差別しなきゃいけないなんて、情けない話ですよね。

<THE END>

このドラマはフィクションであり、登場人物、団体などは現実のものとはあまり関係ありません。しかし、後期高齢者医療制度に反対する署名運動は実在します。このブログから署名用紙がダウンロードできます。

|

« 高齢者が保険証を奪われるとき | トップページ | 高っ!後期高齢者医療制度の保険料 »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/8965176

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年4月1日、その時病院は:

« 高齢者が保険証を奪われるとき | トップページ | 高っ!後期高齢者医療制度の保険料 »