« 医療ビッグバン(大爆破)がやってくる | トップページ | グッドウィル問題の厚生労働省の責任 »

違法グッドウィルに業務停止命令

 本日の新聞によれば、派遣会社のグッドウィル事業停止処分をくらうことになりました。介護事業のコムスンの親会社として有名なグッドウィルは違法派遣があいついでいて何回も労働組合から告発されてきましたが、あまりのひどさに厚生労働省は数ヶ月間の事業停止命令を出すことにしたわけです。

 事業停止処分になってしまうと、グッドウィルから派遣されて働いている労働者は派遣を止められてしまいます。派遣労働者にとってはただちに収入にひびいてくるわけで、事業停止にいたるまで違法行為を続けてきたグッドウィルの責任はたいへん重いわけです。折口会長はいったいどういう形で責任をとるつもりなのでしょうか。

 どんな違法行為があったかというと、たとえば「港湾荷役業務」への人材派遣です。港での荷物の運搬や積み下ろしですね。これは法律で禁止されているのです。なぜこれが派遣禁止の業種となっているかと言いますと、労働者の安全の問題があるからなのです。港湾荷役業務では、ちょっとのミスがにかかわりかねません。指揮命令系統があいまいになりがち、つまり責任があいまいになりがちな派遣労働では、命にかかわるような事故を防げないからなのです。

 医療業務も人材派遣が禁止されています。これは、患者の安全を守るためという観点で、派遣では責任がもてないからなのです。例外として事務系の派遣職員は医療現場でも認められていますが、業務内容が患者の安全に関わるような場合はやはり禁止されていると考えるべきです。

 なんでもかんでもアウトソーシングすればいいというものではないのです。労働者の安全、顧客の安全、製品の安全ということをよくよく考えていけば、現在は禁止されていない業種でも「ほんとうに派遣でいいのか?」というものはほかにもたくさんあります。

 会社の責任逃れ、安易なコスト削減のために導入された「労働者派遣」という制度そのものについても、ここらで再検討すべきではないでしょうか。労働者を安易にいじめる会社は活力を失いますし、労働者が貧困におちいる社会は希望を失います。会社の経営陣をあまやかしすぎたつけが、日本の社会全体にまわってきていると思うのです。

|

« 医療ビッグバン(大爆破)がやってくる | トップページ | グッドウィル問題の厚生労働省の責任 »

労働者ハケンはどげんかせんといかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/9524055

この記事へのトラックバック一覧です: 違法グッドウィルに業務停止命令:

« 医療ビッグバン(大爆破)がやってくる | トップページ | グッドウィル問題の厚生労働省の責任 »