« 救急医療の機能麻痺の責任は政府与党にある | トップページ | 中医協が16日・18日と連続開催 »

2008年4月医療制度大改悪を考える学習会

 本日、すったもんだのすえに臨時国会が終了しました。4月の医療制度大改悪・後期高齢者医療制度の開始に向けて、政府・厚生労働省がそろそろ動き始めるはずです。早ければ明日、なんらかの動きがあります。

 今年4月の医療制度大改悪は、医療ビッグバンというだけあって半端なものではありません。何年もまえから用意周到に仕掛けられた時限爆弾が一斉に大爆発するのです。すでに崩壊が始まっている日本の医療がいっきに音をたてて崩れていきます。そして、いつも被害にあうのは一般庶民、特に貧困のわなにおちいりやすい非正規雇用者や障がい者なのです。

 なかまユニオンは、この医療制度大改悪(医療ビッグバン)で私たちの医療がどうなってしまうのかをさまざまな側面から明らかにするために学習会を企画しました。患者の立場に立った医療実践の実績のある医療問題研究会のご協力もいただけることになりました。私たちとしての対抗策を探っていけたらと考えています。ふるってご参加ください。

加速する医療崩壊で何が起きる?! 2008年4月医療制度大改悪を考える学習会

◆2月16日(土)午後7時より

◆エルおおさか701号室(大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分)

◆講演 医療問題研究会より

学習会のチラシが以下からダウンロードできます。

「2008.2.16Gakusyuukai_goannnai.pdf」をダウンロード

|

« 救急医療の機能麻痺の責任は政府与党にある | トップページ | 中医協が16日・18日と連続開催 »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/9903494

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年4月医療制度大改悪を考える学習会:

« 救急医療の機能麻痺の責任は政府与党にある | トップページ | 中医協が16日・18日と連続開催 »