« 高齢者の医療の確保に関する法律っていうけど | トップページ | フィブリン糊による肝炎感染に思う »

広域連合っていったいなんなのさ!

問題だらけの後期高齢者医療制度の実施主体は、各都道府県の「広域連合」です。「広域連合」って、「コーイキレンゴー」って読むんでしょうけど、よくわかりませんよね。

 なぜ、都道府県でも市町村でもない広域連合なのでしょうか。あなたは、自分がお住まいの地域の広域連合の事務所がどこにあるか知っていますか。が責任者なのか知っていますか。広域連合が決定した保険料の額を教えてもらったことがありますか。疑問がわいたので調べてみたのですが、調べれば調べるほどわからなくなってきました。

 大阪の場合、広域連合の所在地は次のところです。

大阪市中央区常盤町1丁目3-8 中央大通りFNビル8階 TEL06-4790-2028 FAX 06-4790-2030

 これって、大阪府の国民健康保険連合会があるビルですよね。そして、ウェブサイトによれば大阪府広域連合の連合長は貝塚市長の吉道勇氏がつとめています。大阪府広域連合の方針を定めるのは大阪府広域連合議会。この議会は20人の議員で構成されています。

 不思議ですよね。この広域連合議会の議員を選ぶ選挙に投票した覚えなどまったくないのですよ。連合長を選ぶ選挙も覚えがありません。いったいいつのまに、誰がきめてしまったのでしょうか。

 大阪府広域連合の議会は、最近では11月23日に開催されたらしいのですが、20人の議員のうちまともに質問をしたり意見を言ったりしたのは北山良三議員と広瀬ひとみ議員の二人だけだったようです。形式だけの議会のような感じですね。こんなところで実質は官僚主導ですべてが進められていくのが後期高齢者医療制度なのです。

 次に大阪府広域連合の議会が開催されるのは2月だそうです。知らないところで知らない間に高齢者の運命が決められていく、こんな高齢者医療制度の不気味な動きを、ほうっておくわけにはいきません。

|

« 高齢者の医療の確保に関する法律っていうけど | トップページ | フィブリン糊による肝炎感染に思う »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/9749761

この記事へのトラックバック一覧です: 広域連合っていったいなんなのさ!:

» 国民健康保険 [,広域連合っていったいなんなのさ!]
国民健康保険の情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 02時07分

« 高齢者の医療の確保に関する法律っていうけど | トップページ | フィブリン糊による肝炎感染に思う »