« 中医協答申で後期高齢者医療制度の細部が判明! | トップページ | 兼務、兼務って、大丈夫かサテライト老健 »

医療制度大改悪を考える学習会が開催されました

 2月16日、なかまユニオンは2008年4月医療制度大改悪を考える学習会を大阪市内で開催しました。

 学習会では、なかまユニオンから情勢報告がありました。2月13日の中医協答申を踏まえて、4月に予想される後期高齢者医療制度の詳細について最新の報告がされました。また、後期高齢者医療制度に反対する地方議会決議が500を超えたことなど、医療を守る運動がどんどん広がっていることも報告されました。

 つづいて、医療問題研究会から、医療構造改革の全体像や狙いについて講演がありました。講演のなかでは、メタボ健診のでたらめさも明らかになりました。腹囲からでは生活習慣病のリスクはわからないし、結局は必要もないやせる薬を売りつけられることにしかならないのです。

 参加者からの質疑応答の中では、後期高齢者医療広域連合の非民主的でひどい実態についての激しい怒りと疑問の声もでました。誰が選んだかもわからない広域連合議員が、知らないうちに高齢者の医療改悪を勝手に決定しているのです。

 学習会で出された情勢報告が下記からダウンロードできます。

 「20080216GAKUSYUUKAI.pdf」をダウンロード

080216

 後期高齢者医療制度をはじめ、4月の医療制度大改悪については、さまざまな問題点が明らかになりつつあります。このブログでは今後も最新の情報をつぎからつぎへとアップしていく予定です。後期高齢者医療制度に反対する署名運動も引き続き進めていきます。よろしくお願いいたします。

|

« 中医協答申で後期高齢者医療制度の細部が判明! | トップページ | 兼務、兼務って、大丈夫かサテライト老健 »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/10649011

この記事へのトラックバック一覧です: 医療制度大改悪を考える学習会が開催されました:

« 中医協答申で後期高齢者医療制度の細部が判明! | トップページ | 兼務、兼務って、大丈夫かサテライト老健 »