« いけないよ!保険料年金天引き | トップページ | 吉岡さんに勝利判決-偽装請負に喝! »

「高齢者の負担が半減」って公明党はいうけど

 後期高齢者医療制度(福田sorryはチョージュ医療制度と呼ばせたかったが、かえって混乱するのでほとんどのマスコミもチョージュとは呼べない)への怒りが日本中の地殻に響き渡っています。

 茨城県医師会が大々的に後期高齢者医療制度反対の運動を開始しました。宮城県医師会のホームページでも後期高齢者医療に反対する呼びかけが出されました。広島県医師会も理事会で後期高齢者医療制度廃止の声明を発表しました。そのほかにも少なくとも埼玉、神奈川、滋賀、京都、岡山、長崎の医師会が後期高齢者医療制度に反対しています。

 山形、愛知、佐賀、宮城、栃木、大阪、奈良、兵庫、和歌山、山口、大分の医師会では、後期高齢者医療制度の外来診療の包括制を自粛するように府県内の医師に呼びかけています。

 さて、そんなふうに全国に後期高齢者医療制度廃止の運動が広がっているときに、信じられないような文章を読んでしまいました。4月11日の公明新聞です。同じ記事を公明党のホームページで読みことができます。公明党ってみなさんご存知だと思いますが、後期高齢者医療制度の開始を国会で強行採決したときに大賛成した政党です。

 以下、公明党ホームページからの抜粋です。

高齢者の負担を半減  公明党の斉藤鉄夫政務調査会長は10日、党代議士会で、4月からスタートした後期高齢者医療制度について、「公明党の強力な推進で高齢者の中で中・低所得者に対する負担軽減策が実現した」と強調した。-(中略)-窓口負担と保険料を合わせて平均すると高齢者の負担は(制度運営財源の)約2割から1割になった。

 南無三宝!知らなかった!寝耳に水のうれしい話ではないですか。後期高齢者医療制度が始まったことで高齢者の負担が半分に減ったと言うのです。スバラシイ制度だ!誰もがうれしくてうれしくて涙を流すでしょう。それがホントウに本当のことならね。

 「後期高齢者医療制度で高齢者の負担が半減」と公明党は言います。これで、公明党には説明責任が発生しました。一体何をどう計算したら、高齢者の負担が半減すると言うのでしょうか。そのありがたい計算式を説明する責任があります。

 病院にかかったときの医療費負担は安くなっていません。保険料は、高くなった人も安くなった人もいますが、公共サービスの行き届いた市町村では独自の負担軽減策が廃止されたために保険料は高くなってしまいました。そもそも、医療費の国の負担を減らすために高齢者の負担を増やそうよという考え方のもとで開始された後期高齢者医療制度で、高齢者の負担が半減するなんて虫のいい話がどう計算してもでてくるはずがありません。

 舛添厚生労働大臣と厚生労働省は、「高齢者の負担が半減」という公明党の計算の真偽を国会の場でただされて、「私は公明党じゃないから知らない。公明党にきいてくれ。」と逃げることしかできませんでした。

 さあ、みなさん。ぜひ公明党に質問しにいきましょう。いったいどういう計算をしたら、高齢者の負担が半減するのか、お近くの公明党員に質問しましょう。お知り合いに公明党員がいなくても、玄関先に公明党のポスターがはってある家があったら、その御宅の玄関をたたいてください。のりこんでください。公明党には、説明責任があるのです。すべての日本国民に説明する義務と責任があるのです。不信心者には理解できないありがたい計算式かも知れませんが、高齢者の負担が半減するというそのありがたい計算式を紙に書いてもらいましょう。南無三宝。

ちなみに公明党の連絡先は TEL03-3353-0111 FAX03-3225-0207 です。

 

 

|

« いけないよ!保険料年金天引き | トップページ | 吉岡さんに勝利判決-偽装請負に喝! »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/20565926

この記事へのトラックバック一覧です: 「高齢者の負担が半減」って公明党はいうけど:

« いけないよ!保険料年金天引き | トップページ | 吉岡さんに勝利判決-偽装請負に喝! »