« 包括制の拒否について質問をいただきました | トップページ | 保険証を広域連合に確認することが可能です »

かわいそうなぐらい苦労しているのは誰?

 9日の国会での党首討論で、「かわいそうなぐらい苦労しているんですよ」と福田sorryは自分のことをかわいそうだと言いました。一国の責任者の言葉とは思えません。おまえが言うなよなっ!

 かわいそうなぐらい苦労しているのは日本のお年寄りではありませんか。国がおこした戦争で家族を失い、戦後の高度経済成長を必死に働いてささえ、やっと年金生活になったと思ったら、後期高齢者医療制度で保険料を年金から天引きされる。こんなめにあってもじっと我慢しているお年寄りたちのことを、福田sorryはどう考えているのでしょうか。

 今日、テレビでみのもんた氏がはっきりと後期高齢者医療制度のことを批判していました。年金が宙に浮いているのに保険料を天引きされるという高齢のかたがテレビに登場していましたが、病気の妻を支えながら生きているその姿に涙がでそうになりました。

 字も読めないような小さい名刺サイズの後期高齢者保険証を交付された府県では、保険証をなくしたとか届いていないとかいうトラブルが大量発生しています。せめて東京や大阪のような葉書サイズの保険証にしてくれと広域連合に要求するべきです。

 後期高齢者医療制度の保険料の年金天引きまであと5日。もう我慢ができません。かわいそうなぐらい苦労してきた高齢者をないがしろにする後期高齢者医療制度を放置してしまったら、この日本の社会はほろびてしまうと思うのです。

|

« 包括制の拒否について質問をいただきました | トップページ | 保険証を広域連合に確認することが可能です »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/20116551

この記事へのトラックバック一覧です: かわいそうなぐらい苦労しているのは誰?:

« 包括制の拒否について質問をいただきました | トップページ | 保険証を広域連合に確認することが可能です »