« 社会保障費2200億円削減なんて、もう無理 | トップページ | 裁判上告の理由くらい説明してほしかった »

国会は終わっても

 明日で国会が閉会します。後期高齢者医療制度廃止法案は残念ながら衆議院では可決される見込みはありません。

 しかし、ある意味でこれは最初から予想されていたことです。野党が強い参議院では可決されるが、与党が強い衆議院では通るはず無いという予測はありました。現実はきびしいのが政治の世界ですね。

 衆議院では野党3党の審議拒否があり、後期高齢者医療制度廃止法案の審議には実際には入れませんでした。「問責決議」とか「信任決議」とか「審議拒否」とか、政治の世界のかけひきは素人である国民にはなんだかわかりづらかったと思います。「最後まで審議しようぜ」と主張した日本共産党の態度のほうが私たちにはわかりやすく、好感がもてました。

 せっかく共同歩調で進んでいた野党の間であつれきが発生したのは残念なことです。とは言っても、与党の後期高齢者医療見直し案はぼろぼろで、こんなしょぼい見直しではみんなの納得が得られないのははっきりしています。後期高齢者医療制度廃止法案は参議院で可決された状態で残っているわけですから、私たちの運動が無駄になったのではありません。半年前には考えられなかったような成果で、この国にも民主主義があるんだなという希望がほんの少しもてました。

 私たちは、これからも後期高齢者医療制度に反対する運動を続けます。与党がなんと言おうが、官僚がなんと言おうが、野党がなんと言おうが、医療現場にいる者の立場から発言し行動し続けます。

|

« 社会保障費2200億円削減なんて、もう無理 | トップページ | 裁判上告の理由くらい説明してほしかった »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/21774625

この記事へのトラックバック一覧です: 国会は終わっても:

« 社会保障費2200億円削減なんて、もう無理 | トップページ | 裁判上告の理由くらい説明してほしかった »