« 職場復帰は本人にとって良いことか | トップページ | 残業には法律上の規制があります »

労働組合掲示板の役割

 みなさんの働いている職場には、労働組合掲示板がありますか。大企業ならたいがいはありますよね。零細企業では、労働組合そのものが無いところも多いので見たことない方も多いかもしれませんね。

 現在わたしたちは、職場の中に労働組合掲示板が欲しいと考えています。なかまユニオン小松病院分会の掲示板です。

 労働組合掲示板の役割は、まず第一には労働組合から組合員への連絡ということです。第二には、労働組合から組合員以外のさまざまな方への連絡ということです。組合員への連絡だけでしたら、場合によってはメールでもいいですし郵便でもいいわけです。しかしながら、職場の問題を「みんなで考えていこうよ。みなさんはどう考えますか」というような提案の場合には、やはり職場内の掲示板に掲示物が貼ってあるというのは効果的です。みんなでそれを見ながらわいわいと議論ができるからです。

 たとえば日本の社会では、長時間労働による健康被害の問題がありますよね。仕事のし過ぎで心筋梗塞や脳出血になったり、頚腕症候群や腰痛になったり、うつ病になったり、深刻な問題です。過労死や過労自殺もどんどん増えています。

 仕事のし過ぎに陥っている人は、仕事の義務感にとりつかれたような状態になってしまいます。自分で自分が危険な状態だとは気がつきません。ワーカーホリック(仕事中毒)といいます。こういう場合は、誰かが「仕事のしすぎは体に毒だよ」「長時間労働は病気をひきおこすって厚生労働省も認めていることだよ」「元気に長く働き続けたほうが会社のためでもあるよ」と言ってあげないといけないのです。

 わたしたちの職場の組合掲示板では、そのようなキャンペーンを行いたいと考えています。燃え尽きたようになって辞めていった人のことが忘れられません。みんなが気持ちよく末永く働いていけるような職場環境を作りたいのです。

 みなさんの職場には労働組合掲示板がありますか。言いたいこと、言わねばならないことを発言するようなスペースがありますか。私たちは、近いうちに必ず労働組合掲示板を実現します。みんなに喜んでもらえるような掲示物のアイデアがすでにつぎからつぎへと湧いてきているのです。

|

« 職場復帰は本人にとって良いことか | トップページ | 残業には法律上の規制があります »

小松病院をもっと良くしよう」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、なかなか良いHPですね。
掲示板は、なかなか実現しないのが現状ですね。
力がないと実現はムズイです。
ノースウエスト航空労組は昔、掲示板無かったとき春闘の度に会社のありとあらゆるところ(窓ガラス等後で水を浸けてはがせる所に)ベタベタ張りまくったときがありました。それはもう壮絶だったと聞いています。春闘が終われば全員で張り紙外しこんなことを毎回やってたんだから恐れ入ります。
そして、とうとう会社が折れて紳士協定の中に掲示板に貼ろうよ作るからさ・・・疲;;ってなぐあいになったとさ。
それとか、闘争開始(スト)の張り紙をマネージャーの机の上にぽっと置いておく(闘争前に掲示しなくてはならないので法律かな?)そして、当日会社にだ~れも出てこない焦るマネージャー文句を言っても掲示板がないからしょうがないじゃん・。
だから会社のためにも必要なんでね~かい?
とか色々ありますね。
とにかくあきらめないでがんばってください。
最近契約社員の方々も組合に入ってきてくれるようになりました。

投稿: デルタ労組中執 | 2009年3月19日 (木) 10時48分

 デルタ労組中執さん、コメントありがとうございます。残念ながら私たちの組合掲示板はまだ実現していません。しかし、一歩ずつ進んでいこうと思っています。
 デルタ航空労働組合のホームページも見せていただきました。労働組合はあくまでも労働者の自主的な活動であるというスタンスに敬意を表します。非正規のみならず正社員すら残酷にも大量解雇が実行される今のご時勢では、会社や政党や上部団体のあやつり人形でしかない空洞化した名ばかり労組にはもはや存在意義はありません。
 私たちは小さな労働組合ではありますが、すべての労働者が実はなかまなのだという心を忘れさえしなければ、必ずより良い職場環境を作れると信じています。
 ともに、がんばりましょう。

投稿: みるめ | 2009年3月19日 (木) 22時14分

*********************************************
ブログ管理人より失礼ながら一言

 コメントの書き込み、まことにありがとうございます。
 以下のコメントは実名で投稿されましたが、実名を公表してよいかどうかを投稿者に確認することができませんでした。そのため、名前がイニシャルで表示されています。たいへん失礼ですがご理解ください。余計な心配かもしれませんが、当ブログでは個人情報の扱いはたいへん慎重に行なっております。
 確認することができなかった理由は、書かれているメールアドレスにメールしたところエラーとなり配送できなかったからです。アドレスが間違っていたのでしょうか。
 それでは、千葉から寄せられたメッセージをご覧ください。
*********************************************

はじめまして、こんにちは。
私は千葉で看護師をしております、Kと申します。
船橋二和病院という300床くらいの病院で働いています。
労働組合はありますが、労基法違反も、労働協約違反もそのまま見逃す労働組合で、現場の労働者が「闘おう!」と呼びかけるのを潰しにかかるという感じです。
だけれど、さすが労働者は弱くない!
そんな中で立ち上がりました。
労使一体で、現場の闘いを潰しにかかってきましたが、私たち全然負けていません!

今回、職場での闘争がきっかけで、今回、高知の元・安芸労働基準監督署長さん大野義文さんをお呼びして講演会をすることにしました。
サービス残業、未払い賃金、労働者使いすて…泣き寝入りしないで闘おう
“ケンカの仕方、教えます”
「労働基準法を学ぶというのは、一度きりの人生を素敵に生きるということ」By大野義文さん

日時:2010年10月2日(土)午後5時半~ (午後5時開場)
場所:船橋勤労市民センター 第1・2講習会

もしご都合つきましたら、是非いらしてください。

投稿: K.E. | 2010年9月27日 (月) 16時34分

 コメントありがとうございます。
 船橋二和病院。「ふなはしふたわ病院」とお読みするのですね。初めて知りました。ウェブサイトによれば、民医連加盟の病院だとのことですね。
 私たちの働く小松病院も時々「民医連加盟」だと誤解されます。本当のところは民医連加盟ではないのです。
 民医連加盟かどうかはおいておいて、どんな職場であろうが、労働者の生活と権利と人間らしい生き様をふみにじることは許してはなりません。
 講演会が成功することを祈念しております。残念ながら10月2日は、なかまユニオン小松病院分会の組合員は千葉までは行けそうにありません。しかし、お役にたてることがあれば、できる限りのご協力はさせていただきます。

投稿: みるめ | 2010年9月28日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/23214153

この記事へのトラックバック一覧です: 労働組合掲示板の役割:

« 職場復帰は本人にとって良いことか | トップページ | 残業には法律上の規制があります »