« 映画・フツーの仕事がしたい | トップページ | パナソニックの大量解雇に渦巻く不安 »

非正規切りをしかたないと言う前に、貸借対照表を読んでください

 大企業が何兆円もの内部留保を持っているにもかかわらず大量解雇をすすめていることはけしからんという批判の声が労働組合のみならず政府閣僚からも語られています。それに対して、ブログの読者の方から次のようなご意見をいただきました。

内部留保が余っているお金かどうかはわかりません。銀行借り入れなどの大きな負債があれば、結局は相殺されてしまいます。

また、内部留保を不要な労働者の給料として支払うような、非合理的な行動を企業がとれば、(労働者の年金基金を含む)多くの投資家がそっぽを向いて株価が下がり、企業は市場からの資金調達ができなくなって金詰りを起こし、倒産してしまうでしょう。そうなれば派遣だけでなく、労働者全員が路頭に迷う事になります。

企業が不況時に人員調整が発生するのは合理的な行動であり、仕方のない事です。

 まず基本中の基本ですが、内部留保が負債によって相殺されるということは、ありえません。株式投資に詳しい方にとっては常識であることがらですが、会社経営の基本である貸借対照表の見方から説明したほうがいいようですね。

 貸借対照表は、一部上場しているような企業なら公開されていますので、誰でも見ることができます。インターネットですぐにアクセスできます。

 たとえば、経団連会長の御手洗氏の会社キャノンを見てみましょう。真っ先に大量解雇を強行して批判をあびている、あのキャノンです。2007年12月の貸借対照表ではどうでしょうか。

 資産の部をみると、現預金が9649億円、その他流動資産が1兆6438億円、固定資産が1兆3647億円、投資が5391億円で、資産合計が4兆5126億円です。

 現預金とは、現金・キャッシュそのものですし、その他流動資産は短期間で現金に換えることができる資産です。固定資産とは不動産とか車輌とか設備で、これは現金に換えることが困難です。投資とは会社がもっている有価証券などです。

 負債の部を見ると、流動負債が1兆2567億円、固定負債が3336億円です。負債とは、現在は会社内にあるお金だが近いうちに出て行ってしまう予定のものをさします。

 資産合計からこの二種類の負債を引いた残りがすなわち資本金で、これが2兆9222億円あります。すごい額ですよねえ。

 内部留保というのは、この資本金に含まれます。つまり、負債をさしひいてもまだ社内にためこんでいる剰余金のことなのです。

 現預金とその他流動資産を足した額が、つまりはキャッシュとして運用できる資産ですから、その額を資本金(剰余金)の額が上回っているキャノンは、かなりの優良企業です。会社が自由に運用できるお金があるということなのです。その自由に運用できる金をどのように使うかは会社経営陣の裁量なわけです。

 「内部留保があるといっても、それは会社が自由に使える金とはかぎらない」というのは、あちこちで大企業を代弁する人が言っている論調なのですが、貸借対照表の見方もわからないのにいいかげんなことを言ってもらってもこまるんですよね。

 1月30日の厚生労働省の発表では、3月末までに解雇される非正規労働者は12万人におよぶとのことです。NECなどが新たに正社員の2万人の解雇を発表しましたが、実際には正規・非正規あわせておそらく40万人の労働者がわずか3ヶ月のあいだに解雇されることになりそうです。これは人員調整というような生易しいものではありません。日本の国家的危機ともいえる大災害です。なんの合理性もありません。

 そもそも今回の経済危機は、10年も前から始まっていたのです。大企業が正社員を次々に非正規労働者に置き換え、賃金を低く抑え込んだせいで、国内消費はぐんぐんと落ち込んでいきました。それでも海外で売れればそれでいいと考えてきたことの浅はかさが、金融危機で露呈したのです。現在進行中の大量解雇は、さらに国内需要を低迷させます。日本の経済がどこまでも悪化する最悪のスパイラルに落ち込んでしまいます。

 ですから私たちは、内部留保のわずか0.2%でもいいから当面の雇用を守ることに使うべきだと考えるのです。日本を代表する大企業には、日本経済を守る義務があると思うのです。

 非正規を犠牲にして正社員だけでも助かればいいというような甘い考え方では、今回のような世界的な経済危機は乗り越えることはできませんね。働きもしないでマネーを転がしていくらでも儲けることができるというような歪んだ拝金主義そのものの寿命が尽きようとしているのではないでしょうか。日本がどんな社会になるべきなのか、よく考えてみたいものです。

|

« 映画・フツーの仕事がしたい | トップページ | パナソニックの大量解雇に渦巻く不安 »

労働者ハケンはどげんかせんといかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/27672858

この記事へのトラックバック一覧です: 非正規切りをしかたないと言う前に、貸借対照表を読んでください:

« 映画・フツーの仕事がしたい | トップページ | パナソニックの大量解雇に渦巻く不安 »