« 笹川自民党総務会長よ、うつ病患者をばかにするのか! | トップページ | 病院SPCはここらで禁止しませんか »

貧困世帯からの保険証取り上げに歯止め

 国民健康保険料を払えない貧困世帯の人から保険証が取り上げられてしまい、医療を受けられないことが大問題になっていますね。大企業による大量派遣切りが進み、倒産する中小企業も増加し、これだけ貧困が進んでいる中で、最後のセーフティーネットである保険証までもが奪われれば、それは死ねというようなものですcrying 私たちは貧困世帯からの保険証の取り上げに反対してきました。

 全国の多くの人たちの運動の力で、4月から国民健康保険法の一部が改善されます。たとえ国民健康保険料を支払えない世帯であっても、中学校を卒業するまでの子どもさんには保険証を発行することが義務付けられました。あたりまえのことではありますが、保険証がもらえるのです。やったねっ!happy01

 3月3日には厚生労働省は異例の課長通知を都道府県に送り、現在は保険証を取り上げられている状態の児童のところに「3月31日までに必ず保険証が届けられるよう」釘をさしています。

 3月20日をすぎても保険証が届かない場合は、お住まいの市町村の国保に問い合わせをすることをおすすめします。

 また、一年前からみんなが批判してきた4月1日にやってくる後期高齢者からの保険証取り上げ問題にも動きがありました。

 保険料の年金天引きすらできないほど年金額の少ないお年寄りのうち、後期高齢者保険料を支払っていないかたは1割以上いると見られています。神奈川県では7.4%の人が未納だという数字が出ていますし、沖縄県那覇市ではなんと3割の人が未納なのだということです。

 日本共産党のしんぶん赤旗の報道によれば、後期高齢者の保険料滞納者からの保険証取り上げは「相当な収入があるにもかかわらず保険料を納めない悪質な者に限る」ようにすることを厚生労働省が都道府県に通知したとのことです。

 現時点ではこの通知文書そのものはまだ手に入っていないので正確なことは言えませんが、低所得のお年寄りからの保険証取り上げには若干のブレーキがかかるもようです。詳しいことがわかり次第、お知らせしていきます。

 ただ、後期高齢者医療制度が2年ごとに保険料値上げが義務付けられていることなど、根本的な問題が解決したわけではありません。後期高齢者医療制度は、名前を変更するような小手先のごまかしではなく、やはり廃止するしかないのです。sign03

|

« 笹川自民党総務会長よ、うつ病患者をばかにするのか! | トップページ | 病院SPCはここらで禁止しませんか »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

保険料が払えないと、督促状がくるわけですが、その督促状に指定された日時までに連絡せずにいると差し押さえされるんですが、その月の給料が微々たるものだったら、それを全額差し押さえされて、驚きと絶望でいっぱいになりました。こういうのってありでしょうか?
子供の保険証さえ取り上げにならないなら、保険証を取り上げられたほうが、まだよかった。

投稿: | 2013年7月12日 (金) 22時10分

 たいへん、お気の毒な話です。
 「市役所は、市民を困らせてはいけない」これが大原則です。保険料を納入して生活がしていけなくなるようなら、市役所は保険料を徴収するべきではないのです。
 本当に収入が無いのなら、保険料納入の猶予とか減額とかいうやりかたがあるはずですが、市役所は応じてくれなかったのでしょうか。
 

投稿: みるめ | 2013年7月15日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/28666094

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困世帯からの保険証取り上げに歯止め:

« 笹川自民党総務会長よ、うつ病患者をばかにするのか! | トップページ | 病院SPCはここらで禁止しませんか »