« 3年間、派遣で働いたら正社員になれるはず | トップページ | 貧困世帯からの保険証取り上げに歯止め »

笹川自民党総務会長よ、うつ病患者をばかにするのか!

 自民党の笹川尭総務会長が昨日14日、自民党大分県連大会で講演し、「うつ病で休む教員が多いが、国会議員には一人もいない。気が弱ければ務まらない。」と発言した。

 なんという酷い発言でしょうか。ばかにしているんですか。あいた口がふさがりません。「気が弱いからうつ病になるのだ」などという誤解と偏見と侮蔑に満ちた人物が自民党の総務会長という権力の座についているということに、恐怖すら感じます。日本の政治は地に落ちました。

 うつ病というのは、気が弱いからなる病気ではありません。なんらかの原因によって脳の働きが阻害され、活動低下状態になることによって起きる病気です。

 うつ病の人は、検査をしてみると脳神経の活動があきらかに低下していることがわかります。脳の神経細胞どうしをつなぐ接続部分での情報交換が低下します。

 うつ病の原因には、先天的なものもあります。もともと脳の中の神経伝道物質が少ない人は、脳の活動が低下しやすいのです。あるいは、頭部のケガによって脳の機能障害が発生し、うつ病になることもあります。

 うつ病の中には、労働条件や生活条件が原因となるものもあります。こういう場合は医学的に厳密には「うつ病」ではなく「心因反応うつ状態」と呼ばれます。精神的・肉体的なストレスがうつ状態をひきおこすのです。

 うつ状態は、躁状態の反動によって起きる場合もあります。躁状態とは、異常に精神的に活動的になる病気です。私の知っている人で、躁状態とうつ状態をくりかえした人がいますが、躁状態のときはまったく眠らなくなるといいます。次から次へとやりたいことが頭に浮かんできて異様に活動的になります。まったく眠気が発生しなくて徹夜で騒ぎまわるため、家族が疲れきってしまい、ついには家庭崩壊に陥りました。躁状態はうつ状態よりもはるかに危険な病気なのです。

 このような躁状態は、体が疲れているのに脳が疲労を感じないという異常状態であるため、体には疲労がどんどん蓄積していきます。その疲労がある限界を超えたとき、一転してモードがうつ状態に切り替わるのです。体も疲れきっているし、脳の中の活動物質も枯渇してしまい、まったく心も体も動かなくなってしまいます。

 現在、日本全国でうつ病が増えているのは、労働現場のストレスによって躁状態が強制されているからだと考えることができます。過密な労働、特に精神的なストレスにさらされる仕事に直面すると、人間の体は活動を高めるホルモンを多く分泌することによってその場をのりきろうとします。活動をたかめるホルモンのおかげで、一時的な躁状態になってしまいます。

 それが一時的なその場のことで終わってくれればいいのですが、長時間の過密労働が続くと、この一時的躁状態が何回となく繰り返されることになります。そして、家に帰って寝ようと思っても躁状態が続いて眠れなくなってしまうのです。そして躁状態が続くことで疲労が蓄積し、限界を超えると一瞬にして不愉快なうつ状態が襲ってくるのです。

 そこですぐに休息をとれれば回復していくのですが、今の日本の社会では休暇をとることは難しく、ついつい無理して仕事を続けてしまいます。すると、脳の活動物質はほとんどゼロにまで近づいてしまい、重篤なうつ病になってしまうのです。

 つまり、頑張りすぎることによってうつ病が発生しているのです。勤勉病・過労病です。労働者を社畜として極限まで働かせてきた日本の企業社会が産み出した公害と言ってもいいのです。そんな社会をつくってきた自民党には加害責任があるのです。

 笹川自民党総務会長が、「国会議員にはうつ病の人が一人もいない」と威張っているのは、「国会議員はそれだけがんばっていない」とおっしゃっているのと同じですよね。わかってるんでしょうか。おそらく笹川自民党総務会長という人物は、「仕事をしろよ」と上司に言われても「おれ、そんなのやりたくないもーん。うひょひょひょ。」と無視して居眠りできるほど「気が強い」人なのでしょう。

 パワハラ上司にいやみを言われて切れそうになりながら、いやとも言えずに泥まみれの仕事をし続けている日本の労働者とは全く違う、ベルサイユ宮殿のような世界で生きてきた笹川自民党総務会長。そのゴージャスな目から見たら、仕事のしすぎで病気になって苦しんでいる多くの人たちはみんな「気の弱い」連中なのでしょう。

気の弱い連中で悪かったなっ!

 私たちは訴えます。うつ病の多くは業務災害です。すでに全国で多くのうつ病患者が労災認定されています。会社の激務のせいでうつ病になっている方がご家族やお友達にいらっしゃったら、労災申請をしてあげてください。労災申請のやり方など、わからないことがあれば気軽になかまユニオンにご相談ください。

 私たちは訴えます。うつ病を日本に蔓延させた責任は、企業をあまやかした自民党にあります。その自覚もなしにうつ病患者をばかにしたような発言をする笹川自民党総務会長は、今すぐただちに政治の現場から追放しましょう。

|

« 3年間、派遣で働いたら正社員になれるはず | トップページ | 貧困世帯からの保険証取り上げに歯止め »

うつ病は業務災害・公害だ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/28630754

この記事へのトラックバック一覧です: 笹川自民党総務会長よ、うつ病患者をばかにするのか!:

» 【社畜】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
社畜 についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 20時28分

« 3年間、派遣で働いたら正社員になれるはず | トップページ | 貧困世帯からの保険証取り上げに歯止め »