« パワーハラスメント対策の学習会をします | トップページ | これがパワーハラスメントの具体例です »

パワーハラスメントって何?

 パワーハラスメントとは何か。たとえば、「上司と部下の深いみぞ」(紀伊国屋書店)にはこう書いてあります。

①職権などのパワーを背景にして ②本来の業務の範疇を越えて ③継続的に ④人格と尊厳を傷つける言動を行い ⑤就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与えること

 業務上必要な注意叱責や正当な指示命令は、精神的なストレスを伴っていてもパワハラではありません。ところが、様々な職場の話を聞いていると、必要な注意叱責・正当な指示命令とはまったくかけはなれた、いやがらせのためのいやがらせが平然として横行しているのです。

 時には、部下にわざと失敗をさせるようにしむける上司までいます。部下が絶対に失敗することがわかっている仕事をさせておいて、その失敗を何回も何回も激しく罵倒するのです。部下に失敗をさせるということは、会社の業績にもマイナスになっているわけで、このような上司は会社の利益にも逆らう背任者であるわけです。

 わたしたちが聞いた実例の中でものすごいのは、パワーハラスメントを主な業務としている管理職まで存在するということです。朝から晩までパワハラが仕事だといってもいいのです。人を不愉快にする言動だけは抜群だけど、パワハラ以外はまったく無能なのです。顧客と顔をあわせれば不愉快にさせるだけなので、顧客対応もあまりせずに、暇そうにしています。自分はたいした仕事をしないのに、部下が失敗するようにあれこれと計略を考えては、いじめを楽しんでゲラゲラと笑っているのです。

 わたしたちは、労働者に被害を与え会社の業績を悪化させるパワーハラスメント常習犯をいつまでも野放しにしておいてはいけないと思うのです。いけないことはいけないことだとはっきりさせ、罪を償ってもらい、真人間になってもらわなければいけません。

 ところが、パワーハラスメントの被害者は自分が被害者であることに気付いていないことが多いのです。「自分が悪いから怒られるんだ」と思っているのです。パワハラ犯の精神的支配を受けているといってもいいでしょう。

 パワハラから自由になりましょう。そのために、わたしたちはパワーハラスメント対策の学習会を行います。下記からビラがダウンロードできます。

「pawahara-gakusyuukai-bira.pdf」をダウンロード

|

« パワーハラスメント対策の学習会をします | トップページ | これがパワーハラスメントの具体例です »

パワーハラスメントを撲滅するために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/29150580

この記事へのトラックバック一覧です: パワーハラスメントって何?:

« パワーハラスメント対策の学習会をします | トップページ | これがパワーハラスメントの具体例です »