« パナソニックPDPに吉岡力さんを戻す署名にご協力ください | トップページ | パワハラに悩んで辞めてしまう前に »

新型インフルエンザパニック・病院現場で現在進行中

 寝屋川の高校生が新型インフルエンザの感染患者になったということで、私たちの職場にも近いその高校には報道陣が押しかけてたいへんな騒ぎです。生徒さんの勉強のじゃまになるし近隣の住民にも迷惑です。報道陣も良識をわきまえていただきたいものです。

 病院には、「メキシコ・アメリカ・カナダ以外の国に最近行ったんだけど風邪をひいたみたいだから、念のため診てもらえないか」という患者が来院してきています。メキシコ・アメリカ・カナダに渡航歴があれば、国の定めたマニュアルどおりに対処しなければならないのですが、それ以外の国に行った患者の場合にどう対応するかは各病院にまかされています。「どうしたらいいんですか」と保健所に聞いても、「自分で考えてください」という返事しかもらえません。

 病院としては、メキシコ・アメリカ・カナダ以外の渡航者であっても、もし新型インフルエンザであったということがあとでわかれば大変な騒ぎになるので、とりあえずは隔離せざるをえません。隔離するためには隔離部屋も用意しなければならないし、たいへんな手間がかかります。今、病院では管理職が総出でその対策に追われています。インフルエンザの患者は日曜日や夜中に救急でくるかもしれないので、休日返上の大騒ぎになっています。

 新型インフルエンザを確認するためには三段階の検査を行います。一つ目はインフルエンザ迅速診断という簡単な検査で、「A型ウイルス検出」「B型ウイルス検出」「ウイルス検出せず」の三つのどれかということが、短時間でわかります。この検査は保険がきくし、たいていどこの病院でもしてもらえます。二つ目はPCR法というインフルエンザウイルスのDNAを調べる検査です。これをすると、「A香港型」とか「Aソ連型」とかがわかります。これは専門の検査センターでしてもらいます。PCR法で「香港型」でも「ソ連型」でもないとなったら、三つ目の新型インフルエンザウイルスと全く同じウイルスかどうかを精査する検査を行います。これは保険がききませんし、よっぽど新型を疑った場合でないと実施してもらえません。

 現在問題になっているのは、PCR法を実施する体制が追いついていないということです。検査には試薬が必要ですから、実施できる数には限りがあります。現在の日本では、メキシコ・アメリカ・カナダに渡航した人でインフルエンザにかかった人を検査するくらいしか数がないのです。というわけで、メキシコ・アメリカ・カナダに行かなかった人は、PCR法によるウイルス検査を希望しても拒否されます。検査してもらえないわけです。

 舛添大臣は、「メキシコ・アメリカ・カナダに行った人」に対しては強力な「水際作戦」をしているとアピールしていますが、それ以外のところからウイルスが入ってきても検査もしてもらえない状態なのです。感染者と同じ飛行機に乗り合わせた人が十日間も予防拘禁されて不自由な状態で苦しんでいますが、一方ではウイルス検査すら実施してもらえない実態があることと比べると、なんとも不釣合いな気がします。

 そもそも、新型インフルエンザは通常のインフルエンザと感染力も毒性もたいした変わりがありません。そんなに恐怖するべきものではないのです。「新型インフルエンザで何百万人も日本人が死ぬ」などとでたらめを流布しパニックを煽ったしょーもないテレビ番組に踊らされてはいけません。

 インフルエンザウイルスは人類とは共生関係にあるウイルスですから、どんなにがんばっても感染を完全にはくいとめることはできません。スペイン風邪で何千万人もの死者が出たのは、世界戦争によって社会機能が崩壊していたからです。栄養状態と衛生状態と医療へのアクセス、この三つを確保すれば、インフルエンザによる死者をなくすことは可能なのです。失業をなくし、低所得者が医療を受けやすくすることしか解決の方法はありません。

 また、インフルエンザ患者を受付した受付職員がその場で感染予防のためにタミフルを飲んだら、二時間後に嘔吐したという事件が昨日発生しました。タミフルの副作用だったのかもしれません。

 タミフルの副作用については、子どもの異常行動で死者まで出たために、今も厚生労働省で研究が続いています。「脳に悪影響のあるタミフルは禁止すべきだ」と考える医師もいます。タミフルは神経系への副作用があるようですので、気分がわるくなったり嘔吐したりという副作用は充分に考えられます。

 また、タミフルは妊婦への安全性は確認されていません。マスコミの宣伝のおかげでやたらとタミフルを欲しがる人が増えているのですが、使うにしても慎重に投与すべき薬であることは間違いありません。

 タミフルの副作用についての研究は、医薬ビジランスセンターのホームページが詳しいですね。

 

|

« パナソニックPDPに吉岡力さんを戻す署名にご協力ください | トップページ | パワハラに悩んで辞めてしまう前に »

薬害をくりかえすな!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/29546075

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザパニック・病院現場で現在進行中:

« パナソニックPDPに吉岡力さんを戻す署名にご協力ください | トップページ | パワハラに悩んで辞めてしまう前に »