« 腎不全の患者にタミフル飲ませたらあかんやろ | トップページ | 試用期間中でも解雇は自由じゃありませんよ »

あいつぐタミフル急死事件の真相究明を!

 インフルエンザ患者がタミフルの副作用と疑われる症状で急死する事件があいついで発生しています。病院の現場で誰でも見ることができる、厚生労働省が公認しているタミフルの効能書きを見ても、タミフルは腎不全患者には悪影響の可能性があると書いてあります。なぜ腎不全患者にタミフルが投与されてしまったのか、タミフル投与と急死との因果関係はどうなっているのか、きっちりと解明すべきだと思います。

 この件について、医薬ビジランスセンターの浜六郎さんが的確な指摘をされているので、ご紹介したいと思います。

 タミフル急死事件について書かれている医薬ビジランスセンターのHP

 インフルエンザ発症前のタミフルの予防投薬もおおいに疑問です。大阪府は、「発症前の予防投薬は原則的には行わない。しかし本人が予防投薬を希望したときには病院は投薬してもかまわない。」としています。つまり、タミフルを飲んで副作用で苦しんでも本人の自己責任であるという無責任な態度をとっているのです。

 厚生労働省もマスコミも病院も、タミフルにどのような副作用があるのかを歯に衣をきせずに明らかにすべきです。タミフル急死事件の真相究明をどうか徹底的にお願いしたいと思います。

|

« 腎不全の患者にタミフル飲ませたらあかんやろ | トップページ | 試用期間中でも解雇は自由じゃありませんよ »

薬害をくりかえすな!」カテゴリの記事

コメント

夏場は忘れられたかの様に静かでしたが、やっぱり秋に向けてインフル怖いキャンペーンがはじまりましたね。やっぱり来たかと思いました。インフルエンザにワクチンは効かない上にワクチンを打ったのにインフルに罹っている人が私の周りに多くいます。それも安易に海外メーカーから買うのですよね。医療関係者や学校の先生等、強制的にせざるを得ないのですか・?安全性に疑問をかんじます。

投稿: ワクチン反対ママ | 2009年9月 4日 (金) 12時36分

 ワクチン反対ママさん、ご意見ありがとうございます。
 外国産のインフルエンザワクチンについては危険性が指摘されています。どれくらい危険性があるのか、私たちは情報を集めているところです。
 今回の「新型インフルエンザ」騒動で、北米がもっとも大量の死者がでているのですが、これはインフルエンザそのものによる死亡とは考えにくいと言われています。アメリカ人と日本人とでウイルスへの耐性がそんなに異なるとは考えにくいからです。
 アメリカやメキシコで売られている粗悪な風邪薬が大量死の原因ではないかという説がでています。
 ですから、アメリカのワクチンを慎重な検討抜きに安易に輸入するのは、いかがなものかと思いますよね。そもそもインフルエンザにはワクチンが効いたためしが無いわけですから。

投稿: みるめ | 2009年9月 6日 (日) 15時05分

ついにここまで厚生労働省がエスカレートしてきました。恐ろしい事です。この冬日本中がタミフル漬けになり、日本人の体から耐性菌が増え、そこから強毒型が出来るのではないでしょうか?川からタミフル成分が検出されているようです。その水を野鳥が飲む事による問題もあるとの事。また現在季節型より軽いといわれている、新型(といわれている)インフルでなぜそこまでしなければならないのか?少し考えれば答えは出そうです。一刻も早く長妻大臣に膿を出して頂きたいです。医師や専門家の方の強い意見をお願いします。私も周りの方に出来る限り伝えています。でないと日本人が薬漬けで滅びてしまいそうです。下に記事貼り付けます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000949-yom-soci

投稿: ワクチン反対ママ | 2009年9月19日 (土) 00時04分

 ワクチン反対ママさん、ご意見ありがとうございます。
 大阪では、「新型インフルエンザ」がすでにずいぶん流行しているので、多くの人が自分の経験からすでに感づいてきています。「新型インフルエンザって、マスコミがさわぐほどたいしたことないじゃん」
 最近は〇〇学会というようなところが、たとえインフルエンザではなかったとしても風邪の患者にはタミフルを飲ませるべきだと発表したりしています。とんでもない誤りです。
 実は、〇〇学会というような名前の組織は日本にははいて捨てるほどあります。自ら勝手に学会を名乗っているだけの怪しい組織も混ざっています。現場の医者ではない、患者と顔を合わせたことも無いひきこもりの学者連中が頭の中で書いた論文を発表するという、自己満足的なきもい組織です。そういう変な「学会」の背後には世論を操作しようとたくらむ連中の影がちらついていることもあります。
 「〇〇学会発表!」と新聞に書いてあっても、決して過信してはいけませんね。

投稿: みるめ | 2009年9月22日 (火) 19時15分

外務省の動画です。WHOに11億円支援するそうです。季節性より軽い、日本の死亡率、0.002パーセントとの事ですが、これぞ最大の無駄使いでは?発展途上国には抵抗力をつける為の食料の方がよほど必要なのではないでしょうか?
http://www.youtube.com/mofachannel#play/uploads/

投稿: ワクチン反対ママ | 2009年9月28日 (月) 23時06分

 ワクチン反対ママさん、ご意見ありがとうございます。
 アメリカ、ヨーロッパ、日本の製薬会社が総力をあげてWHOに圧力をかけているようです。
 おっしゃるとおり、インフルエンザを予防するなら、栄養と休養が第一です。栄養のあるものを食べて、働きすぎず過労にならないようにすれば、インフルエンザは決してこわくはありません。
 ろくに食べるものも無い、家すらない貧困な人たちが日本だけではなく世界中にいることこそが問題だと思います。
 日本政府は、日本から世界から貧困をなくすことにこそお金と頭を使うべきです。

投稿: みるめ | 2009年9月29日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/31089790

この記事へのトラックバック一覧です: あいつぐタミフル急死事件の真相究明を!:

« 腎不全の患者にタミフル飲ませたらあかんやろ | トップページ | 試用期間中でも解雇は自由じゃありませんよ »