« 大阪府労働委員会を訪問しました | トップページ | アクセス20000ありがとうございました »

おまちどおさま!最高裁判所が動きました

 おまちどおさま!松下PDP(プラズマディスプレイ)を不当解雇された吉岡力さんが解雇撤回を求めている事件で、最高裁判所がようやく動きました。最高裁は「11月に口頭弁論を行う」と発表したのです。

 私たちは、最高裁判所が審理を行うまでもなく、パナソニックは大阪高等裁判所判決に従って吉岡さんを職場に戻すべきだと訴えてきました。

 しかし、司法の最高機関である最高裁判所が自らこの事件についての判断を示したいというのならば、その意気込みはたいへん結構なことだと考えます。派遣切りによる大量失業が社会的な大問題になっている中で、司法の最高機関に庶民の生活の苦しさがどれくらい届いているのか、たいへん興味深いところです。

 私たちは、これからも吉岡さんを応援し、共に労働者の生活を守っていきます。

 原告の吉岡力さんと弁護団から声明が出ていますので、紹介します。

最高裁による口頭弁論開始の決定に関して

 本日、最高裁判所から松下PDP事件に関する上告は棄却し、上告受理申立を受理の上、11月27日午後3時に口頭弁論を行うことが正式な決定として連絡があった。

 この事件は、労働者派遣が製造業で解禁される以前から、行われてきた偽装請負での就労に対して、一人の労働者が告発し、その後、直接雇用がされたもののわずか5ヶ月の雇用の後、雇い止めとなった事案である。
 一審の大阪地方裁判所は、松下PDPの直接雇用後の勤務内容が、本人に対して苦痛を与える行為であると認め、損害賠償を命じたが労働契約上の地位を否定した。

 二審の大阪高等裁判所は、労働者派遣法以前から就労していた状態が労働者供給事業にあたり、これらが民法90条に反する違法な就労であり、そのもとで指揮命令をした松下PDPとの間に労働契約関係が成立したことを認める判断を示した。

 今回、最高裁が松下PDPの上告受理申立を受理したことは、こうした偽装請負状態の労働者に対する就労先の責任に関して初めて最高裁が示す判断であり、きわめて重要である。これまで高等裁判所において黙示の労働契約を認めた事案は複数あるが、最高裁自身が判断を示したことはない。

 偽装請負労働者を巡っては、昨年年末から年度末にかけて派遣切りが大きな話題となり注目を集めた、最高裁が今回弁論を開くのは、こうした派遣労働者の切り捨ての現状に対して最高裁判所が、司法府の最高機関として判断をしめるものとして大いに歓迎する。

 昨年からの派遣労働者の不安定な雇用に対して司法として明確に、権利保護を打ち出して司法による救済を図る判断を求めていく所存である。

2009年9月14日
松下PDP事件 原告 代理人弁護団


0907122

|

« 大阪府労働委員会を訪問しました | トップページ | アクセス20000ありがとうございました »

松下の偽装請負を許すな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/31392266

この記事へのトラックバック一覧です: おまちどおさま!最高裁判所が動きました:

« 大阪府労働委員会を訪問しました | トップページ | アクセス20000ありがとうございました »