« 大阪府労働委員会で第二回調査がありました | トップページ | 11月27日は東京・最高裁ヒューマンチェーンへ集合! »

後期高齢者医療制度の保険料が一割も値上げ

2009_1023200910230215  このほど厚生労働省が発表したところによると、来年の4月に後期高齢者医療制度の保険料が10.4%も値上げされる見通しだということです。全国平均で年額6448円の値上げです。

 後期高齢者医療制度が発足して4月で2年間になります。私たちが制度発足前から指摘してきたとおり、後期高齢者医療制度には二年ごとに自動的に保険料を値上げするシステムが組み込まれています。そのせいで自動的に約1割の保険料値上げがされてしまうのです。

 政権交代が実現して、長妻厚生労働大臣も「後期高齢者医療制度は廃止する」と明言しています。しかし、自民・公明が未来にわたって自動的に保険料値上げをするように制度を設計してくれたおかげで、いやおう無しに保険料が値上げされてしまうのです。ゾンビのようにしつこくていやな制度ですねえ。

 私たちなかまユニオン小松病院分会は、10月23日に厚生労働省保険課との交渉を行いました。公的保障を実現する会や首都圏ワンデーアクション実行委員会との共同での交渉です。

2009_1023200910230225

 私たちは、厚生労働大臣が後期高齢者医療制度の廃止を明言したことを評価したうえで、後期高齢者医療制度のあとに作られる新しい医療制度についてのビジョンをただしました。

 厚生労働省からは、それは現在検討中だとの回答でしたが、いろいろ聞いてみると現在の後期高齢者医療制度とあまり変化しないようなイメージしか持っていないようでした。

2009_10232009102302202

 私たちの要求した対案は、「75歳以上は医療費をすべて無料にする」という抜本的な改革案です。「75歳以上を区別するというのなら、無料にするのが本当じゃないのか」とビートたけしさんが言っていたのですが、これはたいへん核心をついた発想の転換だとおもったのです。

 「高齢者が病院に行くのはごくつぶしで悪なのだ」というイメージを、自民党と厚生労働省は長いあいだ垂れ流してきました。私たちは、高齢者を大切にする国のありかたを考える上で、このあたりの発想の転換が必要なのだと考えています。私たちは、これからも厚生労働省との直接対話を続けていきます。

 どうでもいいような話ですが、厚生労働省の地下の食堂は早くておいしかったです。

2009_1023200910230218

|

« 大阪府労働委員会で第二回調査がありました | トップページ | 11月27日は東京・最高裁ヒューマンチェーンへ集合! »

医療制度改悪やめてくれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/32225654

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度の保険料が一割も値上げ:

« 大阪府労働委員会で第二回調査がありました | トップページ | 11月27日は東京・最高裁ヒューマンチェーンへ集合! »