« 障害者の生きる権利を奪うアクセスインター大阪支社立ち退き計画 | トップページ | やったね!アクセスインターナショナル分会の勝利 »

社長自身が車いすに乗っているのに!

 昨日レポートした、アクセスインターナショナル大阪支社の事件の続報です。本日の朝、動きがありました。東京本社の人間が現れ、引越し(立ち退き)を強行しようとしてきたのです。なかまユニオンはその場にかけつけ、おかしいことはおかしいと人道に基づいた話し合いを行いました。

20100521

 アクセスインターナショナル分会から当ブログに本日の報告が寄せられましたので、掲載いたします。

アクセスインターナショナル分会です。

本日、東京から会社側の人間が5人来て、荷物を強制的に搬出しようとしましたが、なかまユニオンの方々のご協力を得てそれを阻止しました。そして、会社側の引越案はとりあえず保留ということになりました。

そこで驚愕の事実が判明しました。内装費用を150万出すというのは、全くの嘘でした。80万分しか工事をしないという事実が明らかになりました。障害者の方々がお客さんなのに、スロープや障害者用のトイレなどバリアフリーへ改装する工事代金は社長が認めないとの事でした。

社長自身車いすに乗っているのに、一体なにを考えているんでしょうか?

東京からやってきた会社側の人間は、障害者が来てトイレを使いたいと言えば、「ここには無いって言えば」とのことでした。全くどうしようもないですね。

明日、会社側が引越しについて最終的な返事をするということです。

解雇へ追い込む為の嫌がらせが、姑息な手段を用いて続いていますが、顧客の皆様の為に大阪支社を存続できるように頑張ります。

投稿: アクセスインターナショナル分会 | 2010年5月21日 (金) 20時59分

 私たちは、あくまでも話し合いで問題を解決したいと望んでいます。

 ごらんになっているみなさんのご支援をお寄せください。

 激励先lovely

 590-0976 大阪府堺市堺区大浜南町1-6-11 アクセスインターナショナル大阪支社内

なかまユニオン・アクセスインターナショナル分会

 さて、アクセスインターナショナルが販売しているのと同じような車いすでテニスをする人の姿です。私たちは障がい者もともに生きていける社会はすばらしいと考えています。アクセスインターナショナル株式会社には本当に頑張って、障害者サポートの事業を継続していただきたいと、心の底から思っています。

Photo

|

« 障害者の生きる権利を奪うアクセスインター大阪支社立ち退き計画 | トップページ | やったね!アクセスインターナショナル分会の勝利 »

全国のなかまとともに」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。

何とも許せない事案ですね。
自分達の思いを通すためなら、どんな事でもやってやる。!!

こんな考えが見え見えです。
とりあえず、閉鎖は見送ってやった。
物件も見つけたから、そこで営業しろ!!本社はお前らの希望をかなえてやったんだ。!!
とでも言いたいのでしょうか。??

自分達のしっぽを切り捨てる手段のためなら、助けを求める障害者の事など関係ない。!!
こんな声が聞こえてきそうですね。

みるめ君の言うとおり、こんな所で営業を始めれば顧客が離れるのは必至。!!
売り上げが落ちて、採算の取れない支店として閉鎖を狙うのは見え見えですね。

是非皆さんの力を、思う存分発揮してお客さんと働く人たちの明日を勝ち取ってくださいね。
宮城の地から、エールを送りますよ。!!

また、大阪での医療費助成の情報ありがとうございます。
僕の町では、ご覧頂いた様に実質的にお金の無い奴は助ける価値もないと言ってるようです。
この問題について、今運動を起こすべく検討中です。
そのために、全国的にどのような医療費助成の状況なのか?それが利用者にとってきちんと活用されているのかどうかを、ブログの中でも生の声を頂こうと思います。

これからも宜しくお願いいたします。!!

なかまユニオン・アクセスインターナショナル分会の皆さん!!
頑張ってくださいね!!

投稿: bestsyot | 2010年5月22日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/34810051

この記事へのトラックバック一覧です: 社長自身が車いすに乗っているのに!:

« 障害者の生きる権利を奪うアクセスインター大阪支社立ち退き計画 | トップページ | やったね!アクセスインターナショナル分会の勝利 »