« 原則禁止・例外多数・本音は野放し・の「派遣法改正案」 | トップページ | レイバーネットTV・初放送 »

超民営化社会の恐怖・映画「第9地区」

 ものすごい映画を見てしまいました。涙ウルウル、足はガクガクです。「第9地区」です。このブログをごらんになってくださるような方は、あまりお好みではないかもしれませんが、ハードなSF映画です。

District9_poster

  南アフリカの大都市ヨハネスブルグの上空に巨大な宇宙船が出現。宇宙船に乗っていたのは百万人もの飢えた難民宇宙人だった。南アフリカ政府は人道的見地から、ヨハネスブルグ市内の第9地区を宇宙人のための難民キャンプ(仮設住宅)に指定。宇宙人たちに食料を与えて救済した。

 それから20年。第9地区は宇宙人たちの粗野で危険な貧民街となっていた。高度なテクノロジーと知能をもっているはずの宇宙人の指導者はついにあらわれず、一般の宇宙人たちは乱暴で昆虫みたいな外見で不潔だったので、地球人たちから嫌われる対象になっていた。「宇宙人立ち入り禁止」「宇宙人は宇宙へ帰れ」と地球の普通の市民は訴えていた。

 そして南アフリカ政府は宇宙人たちを郊外の荒地の強制収容所に移す計画をたてた。宇宙人たちの強制立ち退き作戦の現場責任者に任命された主人公の男が、重装備の軍隊をひきつれて第9地区に突入したとき、誰もが予想しなかった事件が起きた。宇宙人強制立ち退きには実は隠された恐ろしい目的があったのだ・・・・・・・・。

District9 

 とまあ、こんなストーリーです。

 なによりもリアルさがハンパじゃありませんね。冒頭にはリアルなドキュメンタリーフィルムにしか見えない映像が流れ、荒唐無稽なはずのこの物語があたかも現実であるかのような錯覚をひきおこします。第9地区に突入する軍隊のもつ銃や装備は、現実の南アフリカ軍が使用している本物の銃を国連軍部隊の装備に似せて白く塗装したものです。たいへん細かくリアルに作りこんでいるのです。

 「第9地区」は、SFファンのツボをついたパワードスーツまでもが出てくるようなSF物語ですが、そのストーリーの土台には、ほんの10年くらい前まで南アフリカで実施されていた黒人差別の政治に対する風刺があると思います。映画の中では第9地区の貧困な町並みが映し出されるのですが、これは実際に南アフリカのヨハネスブルグにある黒人の貧民街「ソウェト」でロケされたものです。

 地球人の市民は「宇宙人はキャットフードを食べる」「宇宙人は自動車のタイヤまで食べてしまう」「宇宙人はヌルヌルしていて不潔だ」と、自分たちの経験から差別を正当化します。エビに似た外見の宇宙人は確かに気持ちが悪く、そのたちふるまいは貧困ゆえにか乱暴で愚かに見えます。この映画を見る者は誰もが、最初は地球人の視点から「宇宙人は困ったお荷物な存在だ」と感じるのです。しかし、宇宙人のクリストファー親子と出会うことによって、視点が180度転換するのです。

 そして、何よりもこのSF物語にリアルな存在感を与えているのは、民営化社会の恐怖を描いていることではないかと思います。

 この物語の中の南アフリカでは、行政サービスも、軍隊までもが超巨大多国籍企業「MNU社」に民間委託されているのです。「MNU社」は第9地区の行政を行うと同時に、宇宙人のテクノロジーを利用して新たな兵器産業で儲けることができないかと企んでいます。ヨハネスブルグの街の中は、いたるところに「MNU社」の監視カメラがあり、市民の行動は全て録画されています。警察も「MNU社」だけは捜査の対象にすることができず、マスコミも「MNU社」に支配されているので、「MNU社」が隠れて人体実験や宇宙人殺害を行っても、誰も取りしまる者がいないのです。「MNU社」の幹部連中は人を人とも思わぬ悪行を重ねていきます。

 超民営化社会の恐怖に警鐘を鳴らす映画として、「第9地区」をおすすめします。ただし、イラク戦争で明るみに出たような民間軍事会社の暴力のリアルな描写があるので、お子さんは見ることができませんね。見たい人は、覚悟して見てください。

|

« 原則禁止・例外多数・本音は野放し・の「派遣法改正案」 | トップページ | レイバーネットTV・初放送 »

気になる映像・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/34696657

この記事へのトラックバック一覧です: 超民営化社会の恐怖・映画「第9地区」:

« 原則禁止・例外多数・本音は野放し・の「派遣法改正案」 | トップページ | レイバーネットTV・初放送 »