« 大阪・中之島まつりに行ってきました | トップページ | 超民営化社会の恐怖・映画「第9地区」 »

原則禁止・例外多数・本音は野放し・の「派遣法改正案」

 今、話題騒然の、「労働者派遣法改正案」を厚労省のホームページからダウンロードして読んでみました。catface

 はっきり言って、何が書いてあるのかよくわからない文章です。wobblyなぜ、こんなにわかりにくいのかと考えたら、「例外」が多すぎてものすごく歯切れが悪いからではないかと思います。

 一つだけ例をあげてみましょうか。今回の「派遣法改正案」が日雇い派遣を禁止していると言われているわけですが、どんなふうに書かれているか見てみましょう。「改正案」には次のように書いてあります。

(日雇い労働者についての労働者派遣の禁止) 派遣元事業主は、その業務を迅速かつ的確に遂行するために専門的な知識、技術又は経験を必要とする業務のうち、労働者派遣により日雇労働者(日々又は二月以内の期間を定めて雇用する労働者をいう)を従事させても当該日雇労働者の適正な雇用管理に支障を及ぼすおそれがないと認められる業務として政令で定める業務以外の業務については、その雇用する日雇労働者について労働者派遣を行ってはならないものとすること。

 うわー、難しい文章だー。悪文の見本のようですね。目が回りそうです。coldsweats02 しかし、何回も読んでみるとだんだん書いてあることの意味がわかってきます。

 これは、文章のタイトルは「日雇い派遣の禁止」となっていますよね。ところが、文章をよく読んでみると、「日雇い派遣をしてもいいと別に定める場合以外は、日雇い派遣は禁止」と書いてあるにすぎません。つまり、まずは日雇い派遣をしてもいい場合があるということが前提になっているわけですよね。そして、どんな場合に日雇い派遣をしてもいいのか、どんな場合に日雇い派遣をしてはいけないのかは、なんと、どこにも書いてないのです。sad

 これだったら、「日雇い派遣をしてもいい場合」という例外をあとからたくさん作ってしまえば、実際には日雇い派遣は禁止されるどころか、野放しになってしまうわけです。pout

 原則は禁止しているように見せかけて、実際は例外をたくさん作ってしまって、本音のところは野放しにしようという意図が見え見えです。angry

 今回の「派遣法改正案」は、最初から最後までこんな調子なのです。「労働者派遣の規制に転換した」とマスコミ関係者や民主党の議員ですらだまされてしまったわけですが、転換していません。規制どころか野放しなのです。こんな嘘八百がまかりとおるようでは全然ダメですよね。何がダメって、日本語をダメにしてしまうところが「派遣法改正案」の一番ダメなところですよね。shock

|

« 大阪・中之島まつりに行ってきました | トップページ | 超民営化社会の恐怖・映画「第9地区」 »

労働者ハケンはどげんかせんといかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/34631835

この記事へのトラックバック一覧です: 原則禁止・例外多数・本音は野放し・の「派遣法改正案」:

« 大阪・中之島まつりに行ってきました | トップページ | 超民営化社会の恐怖・映画「第9地区」 »