« 試用期間中は自由に解雇していいの?辞表を書く前に相談を! | トップページ | 非正規労働者憲章を高らかに宣言しよう »

長井健司記者の殺害事件の真相・ビルマVJ

 覚えていますか。2007年9月27日。ジャーナリストの長井健司さんが殺害された事件のことを。

20070927burma_nagai2

 APF通信社の記者として仕事中の長井さんは、白昼堂々とみんなが見ている街中でビルマ(ミャンマー)軍兵士によって射殺されたのです。当時、テレビの報道でこの事件を知った私は、ビルマ(ミャンマー)でいったい何がおきているのかと思い、アムネスティに問い合わせたりしました。

 このときの事件のことを伝えるドキュメンタリー映画「ビルマVJ」がついに公開されました。6月5日、大阪の第七藝術劇場でこの映画を見てきました。その真相は体が震えるようなことでした。

2010_060500212 

 事件のきっかけは、2007年の8月15日、ビルマ(ミャンマー)政府が燃料の価格を二倍に引き上げたことです。ガソリンの値段が二倍になれば、バスの運賃も二倍になるし、すべての物価が急騰します。それで生活にダメージをくらうのはビルマの貧困な一般市民でした。

 「燃料値上げ反対」を訴えた人たちがいましたが、ビルマ(ミャンマー)には言論の自由がありません、すぐに逮捕されてしまいました。誰もがなんとかしないといけないと思いましたが、野党の活動も許可されないというビルマ(ミャンマー)の軍事独裁の社会状況では、どうしていいかわかりませんでした。そして9月17日、人々の生活の困窮を見てはいられないと、仏教寺院の僧侶たちが何万人も街にくりだしてデモを行ったのです。

Burmavj_souryo

 ビルマでは僧侶は政治活動をしないことになっています。しかし、国民の生活を守るための最低限のことについて、独裁者のタンシュエ将軍は国民との対話に応じるべきだとビルマの仏教界は考えたのです。僧侶たちは「対話を」「和解を」と読経をしながらデモをしたのです。

 僧侶の訴えに感激した市民たちは僧侶と共に歩きました。その数は日に日に増えて10万人にもふくれあがりました。「燃料値上げ反対」「野党の党首スーチーさんの釈放」を口々に訴えました。町中の建物の窓から屋上から人々が鈴なりになって僧侶たちに手をふり叫びます。その瞬間、独裁者といえどもこの声は無視できないだろう、この国のありかたは変わるだろうと、誰もが思いました。

Story_img01_2

 ところが9月25日、軍事独裁者タンシュエ将軍は「夜間に外出した者は逮捕する」「昼間でも6人以上の人間が街中で集まったら逮捕する」という命令を出したのです。

 しかし、ビルマ(ミャンマー)の市民と僧侶はもうあきらめませんでした。26日も独裁者タンシュエの命令にさからってデモを続けたのです。するとその日、独裁者タンシュエは軍隊を寺院に突入させ、何百人もの僧侶を拉致監禁したのです。この時に拉致された僧侶たちは二度と帰ってくることがありませんでした。皆殺しにされたのだと考えられています。

 27日、それでもデモを続ける市民に対し、独裁者タンシュエは軍隊による鎮圧を強行しました。そして、その時にデモの先頭付近にいた日本人ジャーナリストの長井さんが真っ先に見せしめのように射殺されたのです。

2010_060500202 ビルマ(ミャンマー)の独裁者タンシュエはカメラを持つ人間は逮捕したり射殺してもいいと考えています。真実を報道されると困るからです。長井さん射殺の直後に日本のマスコミのジャーナリストが現地に入りましたが、その日のうちに国外追放されたそうです。

 映画「ビルマVJ」は、「ビルマ民主の声」のジャーナリストたちが決死の覚悟で、かばんにカメラを隠して撮影した映像です。街中の一般市民の姿、僧侶たちへのインタビュー、軍隊につかまりそうになって追いかけられて逃げる緊迫した映像。そして長井さんの決定的な瞬間もはっきりと記録されています。

 長井さんが殺される瞬間まで映していたビデオは、ビルマ(ミャンマー)軍が没収したままで帰ってきていません。ビルマ(ミャンマー)政府はビデオテープを遺族とAPF通信社に返還すべきです。動かない証拠があるのに、日本政府が軍事独裁者タンシュエ将軍に対して毅然とした態度をとらないというのも納得がいきません。日本政府はビルマ(ミャンマー)政府に厳重に抗議するべきなのです。

 「ビルマVJ」は現在、大阪の第七藝術劇場などで上映中ですので、ぜひごらんになってください。

ビルマVJの公式サイト

 なお、ビルマ(ミャンマー)政府は2007年のデモの画像を収集し、参加していた人を特定して現在も逮捕し続けています。そのような悪用をふせぐため、インターネット上にアップすることができるビルマ(ミャンマー)人の画像は一部に限られています。ご理解とご注意をお願いいたします。

|

« 試用期間中は自由に解雇していいの?辞表を書く前に相談を! | トップページ | 非正規労働者憲章を高らかに宣言しよう »

気になる映像・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/35103526

この記事へのトラックバック一覧です: 長井健司記者の殺害事件の真相・ビルマVJ:

« 試用期間中は自由に解雇していいの?辞表を書く前に相談を! | トップページ | 非正規労働者憲章を高らかに宣言しよう »