« 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 | トップページ | 大阪でも司法修習生の給費制を守る集会があります »

お金持ちしか弁護士になれない社会って、怖くないか

 当ブログと相互リンクしている、「不当労働撲滅 怒涛の戦い 泥沼の軌跡」司法修習生の給費性廃止に反対するキャンペーンを行なっています。

 司法修習生とは、国家資格試験である司法試験に合格した人が、弁護士や裁判官や検察官になるために一年間研修をつむものです。

 研修に専念するためにアルバイトは禁止されています。ですから、司法修習生には給費(給料)が支給されているのです。

 ところが、裁判所法の改悪によって、この11月からこの給料が出なくなってしまうのだというのです。

 もともとお金持ちの家に生まれた人が法律家になりたい場合には何の問題もありません。問題は、一般庶民の家に生まれた人が一生懸命勉強して法律家になりたい場合に、これでは生活していけなくなるのです。

 現在、司法試験を合格した人は、その時点で奨学金などによる借金が300万円はあるのが普通なんだそうです。司法修習生の一年間に給料をもらえなくなることで、借金はさらに増えて600万円になると見込まれます。これでは貧乏人は弁護士になることができません。

 私たち、なかまユニオンがお世話になっている弁護士さんは、安い依頼費用で労働者の弁護を引き受けてくださります。そんな庶民の味方の弁護士さんがいなくなってしまいます。お金持ちしか弁護士になれない社会って、私たち一般の労働者にとってはとても恐怖な社会です。

 私たちも、司法修習生の給費制廃止はおかしいと思います。

 詳しくは、日弁連のサイトをごらんになってください。週間金曜日も関連する記事を載せています。

日本弁護士連合会のサイト

週間金曜日のサイト

2010_082120007

|

« 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 | トップページ | 大阪でも司法修習生の給費制を守る集会があります »

全国のなかまとともに」カテゴリの記事

コメント

みるめさん!!

コメントが遅くなってごめんね。!!
この度は、給費制廃止反対!!に関する記事を取り上げて頂いて、ありがとうございます。!!

僕も、一市民として裁判法の改悪に恐怖感を抱いています。
この問題は、僕達自身の問題に直結してきます。
何とかして給費制を維持させなければ。!!

僕達の目的を達成させるための大きなポイントは、一市民がどれだけ多く給費制廃止反対の声を上げるかです。!!

多くの国民の民意を得られないから給費制を廃止する。
これも廃止理由です。

ならば国民が給費制廃止に反対の声を上げるしかありません。

国民家庭の経済状況がこれからの若者の将来を断念させる判断材料になんかしたくない!!ですよね。!!

僕も自らが動いて一人でも多くの方にこの事実を伝え、反対の声を上げて頂くよう伝えていきたいと思います。!!

ご協力頂いてる署名の方も宜しくお願いいたします。!!

投稿: bestsyot | 2010年8月30日 (月) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/36427219

この記事へのトラックバック一覧です: お金持ちしか弁護士になれない社会って、怖くないか:

» 給費制廃止は国の暴力行為!! [不当労働撲滅 怒涛の戦い 泥沼の軌跡]
給費制廃止は国の暴力行為!!スタートライン~新しい風~(別窓で開かれます。聞きながら見てくださいね。)最近このブログでみなさんによく伝えている「司法修習生の給費制維持を... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 14時33分

» みんなで伝えよう!!司法修習生の給費制の... [不当労働撲滅 怒涛の戦い 泥沼の軌跡]
みんなで伝えよう!!司法修習生の給費制の維持を!!スタートライン~新しい風~(別窓で開かれます。聞きながら見てくださいね。)このところ不当労働関連の書き込みが止まっちゃ... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 17時04分

« 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 | トップページ | 大阪でも司法修習生の給費制を守る集会があります »