« まだまだ熱い大阪・9月1日はパナソニック本社デモ | トップページ | 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 »

パワハラをどうやったら止められるのか

 職場のパワーハラスメント(パワハラ)、ひどいですよねえ。残酷で猟奇的で犯罪的なパワハラが蔓延しています。私たちのところにも職場のパワハラについて、たくさんの問い合わせがあります。

 いったい、どうやったらパワーハラスメントを止めることができるのか。パワハラ上司がいる会社だけど、辞めてしまうわけにはいかない。あのパワハラ上司がどこかへ消えてほしいけど、そんなこと可能なのか。

 職場のパワハラは、それぞれの職場の状況がさまざまなので、どうしたらいいかというのは簡単ではありません。それぞれの職場の実態にあわせて対策を考える必要があります。

 最近なかまユニオンで、職場のパワハラ事件を解決した例として、O大学パワハラ事件があります。O大学のある部署で激しいパワハラを行なう人物がおり、部下として配属された被害者が精神的ストレスでうつ状態になってしまったという事件です。被害者はなかまユニオンに加盟して問題の解決にあたりました。

 この事件の場合、さいわいなことにO大学にはパワハラ対策の職場内規定があったのです。職場内にパワハラ対策の委員会が設置されており、被害者が職場内で救済の申立てをするということができたのです。

 問題は、うつ状態にある被害者が救済申し立ての煩雑な手続きをするという難しさでした。しかし、なかまユニオンのみんなのとりくみもあって、パワハラの事実をつみあげて提出することができました。ユニオンとしての団体交渉も行いました。

 そしてその結果、職場内のパワハラ対策の委員会が、この事件はパワハラであるという結論を出したのです。加害者には懲罰が課せられることになりました。また、被害者は加害者と同じ職場で働き続けることが困難であるため、別の部署に異動することになりました。

 このような形での解決が実現できたのは、O大学にパワハラ対策の委員会があったからです。このような職場内の委員会が無い職場では、また違った方法が必要になります。

 「パワハラ加害者がある日突然悔い改めてパワハラをしなくなったらいいなあ」、追い詰められた被害者はこんなことを夢に思い描くのですが、実際にはそんなことはありえません。

 これ以上パワハラを続けたら、自分にとってまずいことになるぞ」

 そう加害者に思わせてはじめて、パワハラを止めることができるのです。加害者にそう思わせるための仕掛けを職場内に作ることが必要になります。パワハラ加害者というのは、強そうに見えて、たいがいは弱さを持っています。そこに、パワハラ防止の仕掛けを作る可能性があるのです。

 パワハラを防止することは企業の責任であるという考え方が普及しつつあります。パワハラ防止の職場内研修会を実施するところも増えてきました。パワハラ防止の職場内研修会がおおっぴらに実施されることは、パワハラ実行犯に対して「これはやばいかな」と思わせる圧力として働きます。パワハラ防止の職場内研修会の実施、これはあらゆる職場で実現するべきことだと考えます。

2010_07300221

 関係ありませんが、大阪では今の季節、八尾の枝豆がたいへんおいしいです。

|

« まだまだ熱い大阪・9月1日はパナソニック本社デモ | トップページ | 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 »

パワーハラスメントを撲滅するために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/36262880

この記事へのトラックバック一覧です: パワハラをどうやったら止められるのか:

« まだまだ熱い大阪・9月1日はパナソニック本社デモ | トップページ | 酷暑の犠牲者、実は貧困の犠牲者 »