« アクセス70000を越えました | トップページ | 福島原発・放射能はこんな方向に流れて拡がります »

震災被災者は保険証が無くても無料で病院を受診できます

 東北関東大震災と福島原発事故で被災された方が病院にかかるとき、保険証が無くても無料で受診することができます。

 被災地から遠くの地方に避難している場合でも大丈夫です。例えば、被災者の方が親戚を頼って大阪に避難してきた場合、保険証が無くても無料で病院にかかることができます。

 私たちの働く病院ではまだ見かけていませんが、今後は大阪にも被災者の方が来られることが増えると思われます。

 以下は、このことについて厚生労働省の発表した文章です。

 東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震による災害救助法の適用市町村にお住まいの方で、住家の全半壊、全半焼又はこれに準ずる被災にあわれた方、主たる生計維持者が死亡され又は重篤な傷病を負われた方、主たる生計維持者の行方が不明である方、主たる生計維持者が業務を廃止し又は休止された方、主たる生計維持者が失職し現在収入がない方は、保険証がなくても受診でき、また、医療機関で窓口負担を支払う必要はありません。

 また、福島第一・第二原発の事故に伴い内閣総理大臣の指示により避難又は屋内に退避されている方も、同様に保険証なしで受診でき、窓口負担を支払う必要はありません。各医療機関におかれましても御理解・御協力の程よろしくお願いします。

 保険証を紛失した被災者の方が病院にかかるときは、お名前・生年月日・住所・会社の健康保険である場合は会社名を告げてください。罹災証明書は必要ありません。

 無料になるのは、保険適用医療だけです。もともと自費である自由診療や文書料などは無料にはなりません。

 無料になった分が、「免除」つまり今後もいっさい支払う必要が無いのか、「猶予」つまり事態が落ち着いてから請求書が送られてくるのかは、まだ決まっていません。日本医師会は政府に対して免除を要求しています。

 対象となるのは基本的には住所が被災地である方ですが、たまたま旅行中に震災にあった方も対象になる場合があります。主たる生計維持者が死亡・重篤・行方不明になっている場合です。

 被災地がどこであるのかは、以下の厚生労働省のサイトで確認してください。長野県や千葉県などの一部も被災地になっています。福島原発事故が進行中なので、被災地エリアも今後どんどん追加される可能性があります。

被災地(災害救助法適用)である市町村のリスト

 2011_02200025

|

« アクセス70000を越えました | トップページ | 福島原発・放射能はこんな方向に流れて拡がります »

東北震災被災者を支援する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/39373103

この記事へのトラックバック一覧です: 震災被災者は保険証が無くても無料で病院を受診できます:

« アクセス70000を越えました | トップページ | 福島原発・放射能はこんな方向に流れて拡がります »