« 原発いらない関西行動の動画 | トップページ | 福島事故の歌・ずっとウソだった »

忌野清志郎なら、福島原発事故をどう歌うんだろう

 忌野清志郎の昔の歌、サマータイムブルースが最近また流行しているそうです。東京でのお花見会でも大合唱されましたね。

Img_20090628t211356890

 暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(更にカゲキに続きますが、続きは実際の歌でお聞きください)

 預言者ですか!福島原発事故のことを言い当てていますよね。原発事故でえらいことになっている今の日本の姿を見て、天国の清志郎さんならどんな歌をうたうのでしょうか。30万をこえてヒットしている動画がYouTubeにありますのでどうぞ。

サマータイムブルースの動画

|

« 原発いらない関西行動の動画 | トップページ | 福島事故の歌・ずっとウソだった »

原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/39676931

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎なら、福島原発事故をどう歌うんだろう:

« 原発いらない関西行動の動画 | トップページ | 福島事故の歌・ずっとウソだった »