« 行ってきました・6月11日の原発いらん!関西行動 (その2) | トップページ | どうするんだ、核のゴミ!・100000万年後の安全 »

アクセス90000ありがとうございました

 このブログへのアクセスが90000を超えました。ありがとうございました。

2011_06120096

 あいかわらず、毎日たくさんの方に見に来ていただいています。意外だったのは、小松病院に咲いていたムラサキツユクサの画像を見にいらっしゃった方がすごく多かったことです。

 ムラサキツユクサは開花前に放射線があたるとオシベの色がピンク色に突然変異するという、放射線に敏感な花です。ですから、放射能汚染について関心のある方は、ムラサキツユクサの状況が気になるのでしょう。

 6月18日の読売新聞発表によれば、フランスの空港で静岡産緑茶から放射性物質のセシウムが検出されたとのことです。1キログラムあたり1038ベクレルだったそうで、これは日本の厚生労働省の定めた1キログラムあたり500ベクレルという出荷制限基準の倍以上になります。当然、商品としては使い物になりませんよね。フランス政府は、こんな汚染されたものを売りつけてきて、と怒っています。

 輸出される前に日本国内で判明していれば、まだ良かったのです。残念なことに日本の評判ガタ落ちです。

 問題なのは、日本政府がいまだに放射能汚染の実態を隠そう隠そうとしていることではないでしょうか。汚染されていても調べなければわからないよね、わからなければ「安心」だよね、というような態度は、国際社会では通用しないのです。あまえていてはいけません。

 労働組合である私たちのブログが、原発事故問題をこんなにとりあげるのは何故か、と時々きかれるのです。それは、現実に働いている人の不安があるからです。すでに大阪まで福島からの放射性物質は飛んできています。放射能汚染は日本の国土のみならず、太平洋にひろがっています。その現実に対して向き合い、現実的で冷静な対応をしていかなければ、安全に働き続けることはできません。

 私たちは、これからも職場のパワハラ問題やアスベスト問題とあわせて、原発事故問題についての情報発信をしていきます。よろしくお願いいたします。

|

« 行ってきました・6月11日の原発いらん!関西行動 (その2) | トップページ | どうするんだ、核のゴミ!・100000万年後の安全 »

分会のあゆみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/40459698

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス90000ありがとうございました:

« 行ってきました・6月11日の原発いらん!関西行動 (その2) | トップページ | どうするんだ、核のゴミ!・100000万年後の安全 »