« 小松病院の新病棟が姿を現しました | トップページ | 大飯原発を再稼動させなくても電力は足りていた!関電前で抗議 »

ビタミンUのオープンカフェでパワハラ対策について報告

 9月9日、「パワハラと人権意識」というテーマでビタミンUのオープンカフェが開催され、なかまユニオン小松病院分会が職場のパワーハラスメントについて報告しました。

2012_0909u0003

 日本にはまだ「パワハラ防止法」がありません。今年になってやっと厚生労働省の「職場のいじめ嫌がらせ問題に関する円卓会議」が、職場のパワーハラスメントについての定義を発表し、職場のパワハラをなくそうという呼びかけをしました。驚くべきことに、これまでは「パワハラの定義」すら公式に定められたものは無かったのです。

2012_0909u0002

 日本中の職場でパワハラが問題になっています。なかまユニオン小松病院分会も、職場の驚くべきモンスター上司によるパワハラにずっと悩まされてきました。

 私たちが実際に行なってきた職場のパワハラ対策の経験について、くわしく報告しました。職場のパワハラを弱めるためには、「これ一本で大丈夫」というような特効薬はありません。様々な側面から多面的に継続的に手をうっていくことで、パワハラがやりにくい状況を作ることができるのです。

 職場のパワハラを放置すれば、働く者の健康が損なわれるばかりか、企業経営までもが危機におちいってしまいます。パワハラを止められない企業は落ち目になっていくのです。私たちは、みんなが安心して働き続けられる職場を作っていくために、これからもパワハラ問題に取り組んでいきます。

2012_0909u0008

 学習会のあとは、お鍋を囲みながら交流会です。北大阪のおいしい日本酒もふるまわれました。もうすぐ開催される韓国の非正規労働者の大会にビタミンUのメンバーが参加するので、その話などでたいへん盛り上がりました。

2012_08220008

 

|

« 小松病院の新病棟が姿を現しました | トップページ | 大飯原発を再稼動させなくても電力は足りていた!関電前で抗議 »

パワーハラスメントを撲滅するために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/47027446

この記事へのトラックバック一覧です: ビタミンUのオープンカフェでパワハラ対策について報告:

« 小松病院の新病棟が姿を現しました | トップページ | 大飯原発を再稼動させなくても電力は足りていた!関電前で抗議 »