« インフルエンザ脳症は予防接種で防げるか | トップページ | サンタクロースが今年も小松病院にやってきた »

インフルエンザ治療薬・イナビルのこと

 前回ご質問の方から、引き続きご質問をいただきました。

 丁寧なお返事、本当にありがとうございます。
 それと、何度も質問してしまって大変申し訳ないのですが、インフルエンザの治療薬についても質問させてください。
 ここ数年、周りでタミフルを処方されて効いた人がいません。耐性ウイルスが蔓延しているということですよね。そこで去年、娘がインフルエンザにかかった時にイナビルを処方してもらえるところを探して受診したのですが、処方してもらったものの飲ませようかどうしようか大変迷い、結局うわごとを言いだしたので心配で飲ませてしまいました。今年も発症して症状が重かったらまた飲ませるか悩むと思います。タミフルは色々と副作用が報告されていましたが、イナビルはまだ発売して2年なのであまり情報が出てきません。このような薬に頼らず自然治癒したほうがいいとは思うのですが、目の前の子供が苦しんでいるのをみると、情報の少ない副作用を心配するより、薬を飲ませて少しでも早く治してあげたいと思ってしまいます。でも、どんどん治療薬を消費して耐性ウイルスを増やし、また新しい治療薬ができて・・・といういたちごっこの仲間入りをするのも気がひけます。
 インフルエンザの治療薬についてはどう思われますか?何度もお手数をおかけして申し訳ありません。

2012_11240023

 インフルエンザに対する治療薬といえば、一番有名なのは内服薬のタミフルです。タミフルというのは、インフルエンザウイルスの繁殖を抑える薬です。

 では、タミフルには実際のところどれほどの効果があるのかということです。

 インフルエンザにかかると、タミフルを飲まない場合は、治ってきて熱が下がるのに平均してだいたい5日間かかります。

 一方、タミフルを飲んだ場合は、平均してだいたい4日間くらいです。

 5日間で治るインフルエンザが4日間で治る、つまりインフルエンザが一日早く治る薬がタミフルだというわけです。もともと、インフルエンザにかかってもすぐに治る人とグズグズ長引く人とがいるので、一日早く治るという程度では効果が出ているのかどうかはわからないのが現実です。

 病院で働いていると、「タミフルを飲んだらすぐに熱が下がったよ」とおっしゃる声も聞けば、「タミフルを飲んだのに全然効かなかったよ」とおっしゃる声も同じくらい聞くのです。タミフルは、効いているのか効いていないのかは感覚的にはわからないが、たくさんの患者の統計を取ってみると、どうも一日早く治っているようだね、という薬なのです。

 ですから、お知り合いの方が「タミフルは効かなかった」とおっしゃっていても、タミフルに耐性をもつウイルスが増えているのかどうかは、それだけではわからないと言えます。

 肺炎菌などの細菌が抗菌剤に対して耐性を持っているかどうかは、実験装置の中でくっきりと判定することができます。培地の上の細菌に薬を与えて死ぬかどうか実験すればいいからです。

 ところが、インフルエンザウイルスが抗ウイルス剤に耐性を持っているかどうかは、はっきりと判定する技術がまだ無いのです。ウイルスは培地の上で培養できないからです。

 抗ウイルス剤に対する耐性の問題は、まだまだこれから研究がされていく問題だと思います。耐性の問題の全容がはっきりしないうちに薬を乱用して、耐性を広げてしまったらいけないということは、まったくその通りです。

2012_11240015

 それはさておき、タミフルは「一日早く治る」程度の効果しかない薬なのに、副作用があらわれると激烈です。特にお子さんの場合には、突然死をひきおこしたり、意識障害があらわれて高いところからとびおりて亡くなったり、たいへん傷ましい副作用が報告されています。副作用があらわれる確率は低いのですが、いったん副作用があらわれたら悲惨なのです。

 ですから、タミフルは効果に比べてリスクが高すぎて怖くて処方できないよという医師がいらっしゃるのです。

 ご質問にあったイナビルですが、これは口から吸入するタイプの薬です。リレンザもよく似ています。インフルエンザウイルスの繁殖を抑えるという点では、タミフルとまったく同じ作用の仕方の薬です。ですから、効果はタミフルと同程度だと思われます。飲み込んでも腸からほとんど吸収されないので、吸い込んでのどや気管の中に付着させるという形で投与するのです。お子さんだと、「上手に吸い込めないよ」ということが問題になったりします。

 インフルエンザウイルスはのどや気管の粘膜に感染して繁殖するウイルスですので、この投与方法はある意味で理にかなっていると言えます。患部に直接付着させるわけですから、飲み込んで腸から吸収して全身を血流にのってめぐらすよりも、少ない量の投与で効果が期待できます。ですから、副作用がタミフルよりも少ないと予想されます。

 とは言っても、副作用はゼロではありません。イナビルの製造元および厚生労働省が出しているイナビルの説明書を見ても、次のように書いてあります。

1.重大な副作用(頻度不明)
ショック、アナフィラキシー様症状 :ショック、アナフィラキシー様症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、蕁麻疹、血圧低下、顔面蒼白、冷汗等の異常が認められた場合には適切な処置を行う。


2.重大な副作用(類薬) :他の抗インフルエンザウイルス薬(吸入剤)で次の重大な副作用が報告されているので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
1).気管支攣縮、呼吸困難。
2).皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、多形紅斑。

 「アナフィラキシー」は、気管切開ができる病院に救急搬送されるような命にかかわる病状です。確率は低くても、このような重大な副作用がおきることが報告されているのです。

 ですから、タミフルと同じで、「一日早く治る」程度の効果を期待して使用するにはリスクが高いのではないでしょうか。

 また、イナビルは一本が2080円もします。子どもで一本、大人ならこれを二本使うので、4160円です。「一日早く治る」程度の効果でこの費用というのは、高すぎる気がするのですが。

 「ちょっとでも早く治してあげたい」という親の思いは、まちがってはいません。しかし、効果とリスクと費用とを考えたら、イナビルを使うことが本当にいいことなのでしょうか。人間の体に自然と備わっている治癒力を、信じてあげたらいいのではないでしょうか。

 ちょっと違う話をします。

 以前、フィリピンのすごく貧困な地域の公民館のようなところを訪れたことがあります。地域住民が空き缶を拾い集めてきて、それをまとめて出荷するために集まってくるセンターだったのですが、そこの事務所においてあった薬は合成ペニシリンのカプセル剤でした。おそらく、どこかの人道支援団体が置いていったものだと思います。

 合成ペニシリン、日本で買えば1カプセルが12円です。安すぎて、薬局が元手がとれないから赤字覚悟でないと在庫を置けないという薬です。そんな安い薬でも、フィリピンの貧困地域の方は買うことができません。フィリピンには公的な医療保険制度が無いからです。そのために小さな子どもがどんどん死んでいくのです。

 その時に会った貧困だけど元気に働いていた子どもたちのことが忘れられなくて、1本2080円もするイナビルのような高価な薬を見ると、なんだか複雑な思いになってしまうんですよね。人の命って、平等じゃないんだなあ、って。

 

|

« インフルエンザ脳症は予防接種で防げるか | トップページ | サンタクロースが今年も小松病院にやってきた »

薬害をくりかえすな!」カテゴリの記事

コメント

 早速お答えいただき、ありがとうございます。
 おっしゃること、よくわかりました。今年からはワクチンは受けず、免疫力を高める努力をして、もしインフルエンザにかかったら十分な睡眠と水分をとり、自然治癒力を信じたいと思います。
 色々と教えてくださって本当にありがとうございました。

投稿: ちょんた | 2012年11月24日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/47964217

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ治療薬・イナビルのこと:

« インフルエンザ脳症は予防接種で防げるか | トップページ | サンタクロースが今年も小松病院にやってきた »