« ビッグイシュー:最高に面白い雑誌が街頭で売ってます | トップページ | 反貧困フェスタやねん!2014・大阪 »

パワハラをされやすい人って、いるんですか

次のようなお問い合わせをいただきました。

パワハラって、される人は何回も繰り返しされることないですか。パワハラをされやすい人っているんですかね。

2014_10041457

  パワハラの被害を何回も受ける人というのは、実際にいます。 

  その理由は、パワハラをする犯人にとって、パワハラをやりやすい人とパワハラをやりにくい人とがいるからです。

  パワハラをされやすい人にもいくつかのタイプがありますが、一番多いのは「いじめられても反撃しない人」です。すごく善良で、攻撃性がまったく無い人は、いじめられても反撃しようとしません。ですから、パワハラ実行犯にとっては何の心配もなくいじめることができるのです。

  自分のことより他人のことを優先的に考えてあげる優しさを持っている人は、どうしても攻撃性が弱くなりがちです。調和を重んじるばっかりに、自分が犠牲になっても仕方ないとあきらめてしまいます。自分になんの落ち度が無くてもです。

  こういう人は、会社のリストラ局面でも真っ先にリストラされる候補になってしまいます。リストラの順番は「仕事ができない人」から始まるというのは誤解です。どんなに仕事ができる人でも、「辞めてくれ」と言われてすぐに「わかりました」と言ってしまう人が真っ先にリストラされるのです。

  これ以外にも、いじめられやすい人というのはいます。

  例えば、私たちの職場にいるパワハラ管理職の場合を見てみましょう。たくさんの人がこれまでいじめられてきたのですが、いじめられる人にはいくつかの傾向があります。

  まずは「いじめられても反撃をしない人」ですが、次に多いのは「べんちゃらを言わない人」です。仕事の力量が高く、誇りが高い人ほどべんちゃらを言いません。こういう人がパワハラ上司の期限を損ねがちです。上司のご機嫌を常にうかがい、お中元やお歳暮を欠かさずに上司に届けるような人は、かろうじていじめを回避していることが多いのです。しかし、それもパワハラ上司の胸先三寸なので、いつ気が変わるかはわかりません。

  矛盾しているようですが、「べんちゃらばかり言う人」もいじめられやすいのです。パワハラ上司にゴマばかりすっていて、パワハラ上司のあやつり人形みたいになった人が、ある日突然辞めてしまうことがよくあります。「こんな奴いらない」とパワハラ上司が思ったが最後、一転していじめが始まり使い捨てにされてしまうのです。

  このほかに、「業務で成果をあげた人」「学歴の高い人」「いわゆる容姿のきれいな人」など、なんらかの意味で優れているという評判が立つ人も、いじめられやすいのです。嫉妬ということですね。

  また、労働組合の役員は確実にいじめられやすいのです。労働組合役員を狙い撃ちにしたパワハラは、不当労働行為として特に厳重に禁止されているのですが、パワハラ管理職はもともと無法者なので、そんなことはまったく気にしません。

余談ですが、 逆にいじめられにくい人というのもいます。ダントツでいじめられにくいのは、企業トップの親族です。

  さて、 いじめられやすい人がいるからと言って、いじめていいということにはなりません。

  「パワハラは、いじめられる方が悪いのだ」と、パワハラ実行犯はひらきなおります。しかし、それはまったくの間違いです。パワハラは刑法で取り締まられるべき犯罪であり、人道に反する悪行です。企業には、職場でのパワハラを防止する義務があるということを、忘れてはいけません。

|

« ビッグイシュー:最高に面白い雑誌が街頭で売ってます | トップページ | 反貧困フェスタやねん!2014・大阪 »

パワーハラスメントを撲滅するために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/57643805

この記事へのトラックバック一覧です: パワハラをされやすい人って、いるんですか:

« ビッグイシュー:最高に面白い雑誌が街頭で売ってます | トップページ | 反貧困フェスタやねん!2014・大阪 »