« これでは、大阪「屠」構想だよ | トップページ | どんどん値上がりする日用品・最低賃金も値上げを! »

アイヌ料理のユクオハウを食べました。

  北海食材イタリアン「ケラピリカ」でアイヌ料理のユクオハウを食べました。

2015_03280042

  「ユク」はアイヌ語でエゾシカのこと。「ユクオハウ」はエゾシカの肉の煮込みです。

  エゾシカは北海道にいる野生の鹿です。最近のジビエ(野生肉)ブームのおかげで、大阪でもエゾシカの肉が流通するようになりました。気候の温暖化と、天敵であるエゾオオカミの絶滅のおかげで、北海道ではエゾシカがかなり増えているのだそうです。

  エゾシカは、かつては鮭とならんでアイヌの主な食料でした。明治時代にエゾシカの数が減ってしまったおかげで、アイヌの人たちは飢餓に陥ってしまい、伝統的な食習慣を続けることが難しくなったのだそうです。

  よく煮込んだエゾシカの肉は、ジビエだけあって鉄分の多い濃密な味でした。でも、羊ほどしつこくなく、あっさりした感じ。カロリーは低めなのではないでしょうか。

  アイヌの文化では、エゾシカは神様からの贈り物なのだそうです。北海道の大地の神様からの贈り物、おいしくいただきました。

2015_03280039

  ケラピリカは、アイヌ料理もありますが、北海道の食材を使ったイタリアンというコンセプトのお店です。北海道の海の幸、山の幸がイタリアンにアレンジされています。女子会にもよさそうな感じ。

|

« これでは、大阪「屠」構想だよ | トップページ | どんどん値上がりする日用品・最低賃金も値上げを! »

食の達人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/59633015

この記事へのトラックバック一覧です: アイヌ料理のユクオハウを食べました。:

« これでは、大阪「屠」構想だよ | トップページ | どんどん値上がりする日用品・最低賃金も値上げを! »