« 不眠症は労災にならないの? | トップページ | 「仕事依存症」の流行が問題だ »

「人を外見で決めつけてはいけない」・映画「チャッピー」

 永年の人種差別の克服に苦闘する南アフリカからやってきたSF映画の新星、ニール・ブロムカンプ監督の最新作「チャッピー」を見てきました。

Chappie_poster2

 近未来・・・と言っても2016年って、来年ですね。2016年、組織犯罪の重武装化に手を焼いた南アフリカ警察は、ロボット警官の配備に成功しました。というところからお話は始まります。

 

Chappie_800pxchappie_310

 チタン製の頑強なボディを持つロボット警官は、よく訓練された人間と同じくらい素早く走ったり銃を撃ったりもできて、人間の言葉も理解し、上官の命令には忠実です。簡単な状況判断もできて、犯罪者と銃撃戦をしたり、逮捕したりすることができます。しかし、あくまでもロボットであって、警察上層部の命令が無ければ何もしませんし、自分の意志というものは持っていません。

 ロボット警官を開発した兵器会社テトラバールは大儲けでウハウハです。開発責任者のディオンは鼻高々ですが、実はディオンが本当にやりたいことは更にその先を行っていました。

Chappie5

 ディオンは、人知れず人工知能の開発の研究を進めていたのです。人工知能は、単なる計算能力だけではなく自分の意識を持つ存在です。自分で学習して自分の考えをもち、成長していきます。その完成は、コンピューター技術者なら誰もが夢見る夢なのです。

 そして、ある日その人工知能がディオンのコンピューターの中で初めて誕生したのです。しかし、人工知能はコンピューターの中では母胎の中と同じで眠った状態です。ロボットのボディにインストールして初めて、一つの知能として目覚めるのです。

 ディオンは、テトラバール社の社長に人工知能をインストールしたロボットの試作を提案します。「自分の意志で絵が描けるロボットが生まれるんです!」

 しかし、社長はあきれた顔で、絵が描けるロボットなんて儲けにつながらないと、この提案を却下してしまいます。

 あきらめきれないディオンは、戦闘で故障して五日間しか寿命が無くなったREJECT(廃棄処分)のロボット警官の機体に、人工知能をインストールすることを計画するのです。

Chappie

 ネタバレになってしまうので、ここから先はあまり書けません。わざとあいまいに書きます。

 壊れたロボット警官のボディを持って生まれた人工知能は、「チャッピー」と名付けられます。生まれたばかりは言葉もしゃべらず、お猿さんのように怯えたそぶりを見せたり、赤ん坊のように可愛く動いたりします。

Chappie111


 ものすごいスピードで周りの情報を取り込んで学習していくチャッピーは、すぐに人間の言葉を話すことができるようになります。本も読めるようになります。

 しかし、人間界の現実は幼いチャッピーにとってはあまりにも過酷です。警官ロボットの外観を持っているせいで、嫌われていじめられてしまうこともあります。

Chappiemovie001

 そんな中でも、ディオンはこの世を生きていく上で大切な価値観を厳しく教えます。「人を殺してはいけない。人のものを奪ってはいけない」

Chappie556

 「私はあなたのお母さんよ」とチャッピーを気に入ってしまったヨーランディーは、人を愛することの大切さと、人を外見で決めつけてはいけないことを教えます。

Chappie_yolandi


 そして、ギャングどうしの抗争で追い詰められた零細ギャングのニンジャは、(やり方にかなりの問題はありますが) 強く闘って生き抜いていくことを教えます。

Chappiewonderful202015

 そして、チャッピーにはライバルである巨大ロボ「ムース」の影が忍び寄ります。「ムース」のシルエットって、ロボコップのEDロボそのままですよね。バウホーベン監督もビックリと言ったところでしょうか。

Chappie666

 さあ、5日間しか寿命の無い機体を持って生まれてしまった人工知能チャッピーの行く末は??ビックリの結末!!

Chappie_safe_image

 このお話を見て思ったこと。

 生まれたばかりのチャッピーに対して、人間達はそれぞれ自分の思うとおりに動かそうとします。ロボットは人間の言うことを聞くものだと思っているからです。しかし、「知能を持っていること」、はつまり、「他人の思惑通りに動かないこと」です。チャッピーは、自分が生き延びるために自分の頭で考え、自分のために行動し始めます。

 人間は知能を持っている点が、他の動物とは違うと言われています。ところが、人間を上回る人工知能が2045年にもできあがるのだと言っている学者もいます。そうなると、人間が人間である値打ちはどこにあることになるのでしょうか。

 人工知能チャッピーのふるまいを見て、あらためて「人間」とはどういうものなのか、考えさせられた映画でした。

 ヒュー・ジャックマンとかシガニー・ウィーバーが脇を固めているのも迫力を増していますが、それが無くてもお勧めの映画です。

 ブラボー! ニール・ブロムカンプ!

|

« 不眠症は労災にならないの? | トップページ | 「仕事依存症」の流行が問題だ »

気になる映像・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/60358704

この記事へのトラックバック一覧です: 「人を外見で決めつけてはいけない」・映画「チャッピー」:

« 不眠症は労災にならないの? | トップページ | 「仕事依存症」の流行が問題だ »