« アベノミクスのせいで病院の半分が赤字。終わってくれアベノミクス。 | トップページ | チビチリガマ世代を結ぶ平和の像 [沖縄紀行・その6] »

これは美味い。スリランカカリーを食べました。

 スリランカ料理の店、大阪市内の「セイロンカリー」で、スリランカカリーを食べてきました。

2016_07040064

 これはスリランカの庶民的な家庭料理のスタイルで、バスマティライスにカレーやおかずを何種類も乗せます。

 今回のカレーはチキンカレーです。スリランカの混合スパイス・トゥナパハの香りがきいています。

 左手前の黄色いものは、豆のココナツミルク煮。左奥のオレンジ色は、ココナツと唐辛子のフレークのポルサンボール。緑色は生野菜の酸っぱいマッルン(サラダ)。右奥の紅色はビーツ。その手前はオクラです。ライスの上の揚げ餃子のように見えるものは、豆せんべいのパパダンです。

 これらを、よくかき混ぜて食べます。

 なんだかびっくりの新しい味です。スリランカでは鰹節を料理に使うのだそうです。それで、日本人の口にあうのでしょうか。

 野菜もたくさん食べられるし、スパイスの香りが食欲を増進させてくれて、スプーンが止まりません。暑い夏にはよいですね。

|

« アベノミクスのせいで病院の半分が赤字。終わってくれアベノミクス。 | トップページ | チビチリガマ世代を結ぶ平和の像 [沖縄紀行・その6] »

食の達人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは美味い。スリランカカリーを食べました。:

« アベノミクスのせいで病院の半分が赤字。終わってくれアベノミクス。 | トップページ | チビチリガマ世代を結ぶ平和の像 [沖縄紀行・その6] »