« 診療報酬のマイナス改定なんて、ありえない! | トップページ | 伊仏食堂DAIでお祝いの食事 »

インフルエンザワクチンが不足しています

 インフルエンザワクチンが今年は不足しています。私たちの働く病院でも現在、インフルエンザ予防接種を中止しています。

2017_11220011


 不足の原因は、ワクチン製造にあたってウイルスの「型」の選定に手間取ったためと報道されています。ウイルスの「型」とは、ウイルスの「株」とも呼ばれます。

 インフルエンザウイルスはウイルスの表面物質の種類の違いによって「型」に分類されます。ワクチンはウイルスの表面物質に反応するので、表面物質が変わるとワクチンは効かなくなります。

 どの「型」が流行するかを半年前に予想してワクチンは製造されるわけですが、その「型」の選定に時間がかかってしまったのです。

 何しろ、何百種類もあるウイルスの型の中から4種類の型を選ぶわけなので、的中する確率は低く、たいへん難しいことなのです。ほとんど博打です。

 ワクチンを作り始めてから冬が来るまでの半年の間に、インフルエンザウイルスはどんどん突然変異を繰り返し、表面物質を変えていきます。つまり、新しい「型」に生まれ変わっていくのです。このため、インフルエンザワクチンはほとんど効かないのだと言われています。

20170126230751

 ワクチンが不足していると聞いて、自分だけ早くワクチンを確保しようと押し掛けた人もいて、混乱も発生しました。しかし、インフルエンザワクチンは100人に接種して2人に効いているかどうかというほどの効果のものなので、そんなに大騒ぎすることもありません。

 12月には供給が追い付いて予防接種が再開されるのではないかという予測もあります。しかし、そのころにはインフルエンザの流行が始まってしまうので、意味ないかもしれませんが。

 インフルエンザの予防はワクチンに頼りすぎず、栄養を十分に摂ること、そして過労を避けることですね。

|

« 診療報酬のマイナス改定なんて、ありえない! | トップページ | 伊仏食堂DAIでお祝いの食事 »

薬害をくりかえすな!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492777/72342797

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザワクチンが不足しています:

« 診療報酬のマイナス改定なんて、ありえない! | トップページ | 伊仏食堂DAIでお祝いの食事 »