« 映画「華氏119」・水道を民営化したら、こんなことも起きるのか! | トップページ | 今年もありがとう、ウーマンラッシュアワー・THE MANZAI2018 »

映画「華氏119」(その2)・銃規制に立ち上がった高校生たちに続け!

 映画「華氏119」の話の続きです。

Fahrenheit119photos4

 とんでもない水道水汚染事件が起きてしまったアメリカのフリント市。そこへ、アポなし突撃男マイケル・ムーアの登場です。子どもたちがかたっぱしから鉛中毒になってしまって、取り返しがつかなくなってしまったことを、何とかしたいと乗り出したのです。

 トランプの友人である共和党のリック・スナイダー知事が事件の責任者であることは明白でした。しかし、オバマ前大統領でさえ、その悪事を暴き責任追及をすることはできませんでした。大富豪トランプの権力は絶大だったのです。

 「スナイダー知事を逮捕しに来たんだ。君たちも協力してくれるね。」と知事公舎に出向いたマイケル・ムーアでしたが、フリントの市民たち同様に門前払いされてしまいます。怒ったマイケル・ムーアは、タンクにいっぱいのフリントの水道汚染水を、スナイダー知事の家に届け、放水します。

Fahrenheit119photos2

 そしてマイケル・ムーアはフロリダへ飛びました。銃の規制を求める高校生たちのミーティングに参加するためです。

4941f55d000005780imagea62_151874320
 2018年2月14日、フロリダにあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、突然一人の男が銃を乱射しはじめました。

Parkland20florida20school20shooting


 連続する銃声とともに次々に倒れていく生徒たち。男の持つ銃は軍隊が持つような自動小銃です。

Ss180214floridashooting10_5a9126ff0

 犯人の男は、この高校を退学処分になった元生徒。あまりの銃マニアであったため退学になったのだといいます。

Bnxm440_0214li_m_20180214184912

 あっというまに生徒と教職員17名が命を奪われたのです。

C061591384524977a033ac37d8e4b51elar


 凶器となったAR15という自動小銃は、もともと軍隊用に開発されたM16自動小銃を民間用に売り出したというしろものです。1分間に45発も撃つことができるのです。

 なぜ、こんな大量殺人用の銃が、民間で手に入るのか不思議です。とても護身用とは言えないものなのです。

 アメリカでは銃乱射事件が後を絶ちません。事件が起きるたびに「銃規制をするべきではないか」という声があがるのですが、兵器産業の業界団体である全米ライフル協会(NRA)は共和党に多大な献金をしているため、銃規制はなかなか実現しないのです。

 トランプ大統領も、銃を規制するつもりなどまったくありません。「学校で銃乱射事件が起きたのなら、学校の先生が銃で武装すればいいんだ。もっと銃を売れ。」というのがトランプ大統領の見解なのです。

Screenshot_10

 これは、銃規制に反対するヘイトな連中が建てた看板です。

「おい、リベラルなやつら。もし、あんたらがトランプ大統領を弾劾しようとするのなら、君らも銃を持っておいた方がいいよ。カルバート郡の、君らが言うところの嘆かわしい連中全員より。」

 この意味がわかりますか。殺害予告なんですよ。

 「トランプ大統領にたてつくようなことをしたら、俺たちが銃でもって殺しに行くから、銃規制を主張するようなリベラルなあんたらこそ、防衛のための銃の必要性を感じるだろう。」ということです。

 アメリカのヘイトは、自動小銃で武装しているから、恐ろしさがハンパじゃないのです。

Emma_gonzalez


 しかし、被害にあった高校生たちは勇気をふりしぼって立ち上がりました。3月24日、銃乱射事件のあった高校の生徒たちが中心になり、全米によびかけて「私たちの命のための行進」が取り組まれたのです。AR15のような軍用の銃を民間に販売することに対しては、規制をするべきだという主張です。全米700か所で行進が行われました。

 殺害された生徒たちの同級生のエマ・ゴンザレスは、頭を丸刈りにしてスピーチをしました。

「友達のカルメンは二度とピアノ練習のグチは言わない。二度と。二度と。」

95845803x2940x627

 アメリカの高校生たちは、自分たちの命を守るために行動し始めています。トランプの支持者たちの卑劣な脅しには負けていないのです。マイケル・ムーアは、その輝きに注目します。

 Fahrenheit119

 華氏119。これは、2016年11月9日のことです。

 この日、大統領選挙でドナルド・トランプが当選することが確実になりました。当時のテレビ局は、ドナルド・トランプのようなヘイトなチンピラが当選することはありえないと報道していました。ところが、あらゆる政治評論家や学者たちの予想を裏切って、トランプが大統領になりました。

 実は、マイケル・ムーアはトランプの大統領当選を予言していました。一般庶民の味方だという建前とは裏腹に、民主党が金持ち連中から大量の献金をもらっていたからです。フリントでのオバマ大統領の「安全宣言」パフォーマンスのように、人々の声を裏切るような行為が目に付くようになっていたからです。大統領選挙の投票率は史上最低の55%でした。

Maxresdefault1

 マイケル・ムーアは言います。「人々がうんざりしてあきらめた時、独裁者が権力を手に入れる」

 独裁者が次から次に自分勝手な政治をする時、人々の心の中に疲れがたまってきます。もうどうでもいいや、という気分になってきます。そして、そうなってしまうと、独裁者の思うつぼなのです。

Maxresdefault

 では、私に何ができるんだろうか? そう考えたのが、アレクサンドリア・オカシオコルテスさんです。ヒスパニック系の貧しい家に生まれ、ウェイトレスで家計を支えてきたオカシオコルテスさんは、奨学金の返済に悩まされる日々でした。

 政治家の経験も無かったオカシオコルテスさんですが、国会議員に立候補することを決めたのです。

 労働者の権利、社会保障の充実、移民の権利。それを公約にするオカシオコルテスさんは、「これは金と人々との闘いだ」と言います。

 そして、今年の11月6日、オカシオコルテスさんは史上最年少で下院議員に当選したのです。

15270685455974768629


 さあ、トランプ大統領の独裁的なふるまいはアメリカだけの問題ではありません。安倍晋三総理がトランプのポチのようになって、日本の私たちの利益を損なうようなことを次から次に行っています。どうしたらいいのでしょうか。

 マイケル・ムーアは語ります。

「この映画で、僕は観客の参加を求めている。質問の答えを探すのをみなさんが手伝ってくれるまで、この映画は完結しないんだ。」

F0285780204872

 

|

« 映画「華氏119」・水道を民営化したら、こんなことも起きるのか! | トップページ | 今年もありがとう、ウーマンラッシュアワー・THE MANZAI2018 »

気になる映像・舞台」カテゴリの記事

コメント

イタイイタイ病や水俣病のような水に関する悲劇がアメリカでも起きていたとは知りませんでした。地上波TVでこの映画の放送されることがあるのでしょうか~。きっとないんでしょうね。

投稿: | 2018年12月11日 (火) 18時17分

 コメントありがとうございます。
 華氏119は、大阪での上映は終わりました。東京、そして東北や九州では今も映画館で見ることができます。
 地上波で流れることは無さそうですね。トランプ大統領にとってまずい内容の映画を流したら、忠実な部下である安倍総理大臣が困ってしまいますからね。

投稿: みるめ | 2018年12月11日 (火) 20時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« 映画「華氏119」・水道を民営化したら、こんなことも起きるのか! | トップページ | 今年もありがとう、ウーマンラッシュアワー・THE MANZAI2018 »