« いよいよ選挙・薔薇マーク認定候補者が45名になりました | トップページ | 自由と尊厳の祝祭0503 生存権を否定する消費税は廃止しよう! »

4月21日は統一地方選・消費税増税に反対する候補を当選させよう!

 明日、4月21日は統一地方選挙後半戦です。

D4wmdf2ucaa68ed

 大阪の寝屋川・大東・四条畷では衆議院12区補欠選挙が行われます。薔薇マーク認定候補の宮本たけしさん(無所属)が立候補しています。

D4wnorrvuaal8lj

 今回の選挙は、消費税増税に対してどういう態度をとるのか、鋭く問われる選挙です。10月に予定されている8%から10%への消費税増税を容認するのかどうかです。日本の経済状況がどんどん傾いていくのに、消費税を上げれば経済破綻が生じかねません。

 宮本たけしさんは、消費税増税反対、それどころか逆に減らす方が良いと考えています。こういう人が国会に通ることで、消費税増税の政治から消費税減税の政治に転換していくことが大切です。

 消費税増税に賛成する候補に一票入れたら、景気が悪くなるだけでなく、自分の首を絞めることになってしまいます。気をつけましょうね。

D4md1ezuwaetibz

 宮本たけしさんは共産党出身の方ですが、無所属で立候補しました。これは、共産党以外の政党の意見も取り入れながら政治をしていきますということです。「頭が固い」と言われてきた共産党とは思えない、柔軟な考え方です。庶民の生活再建を実現するためには、幅広い野党の連携が必要になっているので、宮本たけしさんの今回の立候補には、脱帽する思いです。

 「消費税減税の政治への転換」、「庶民にガマンを強いる緊縮政治から積極財政への転換」、これを求める薔薇マークキャンペーン認定候補者が、全国各地で立候補しています。投票に行くときには、これをよく見て行ってくださいね。

D4hh4mucaaosxj

 

|

« いよいよ選挙・薔薇マーク認定候補者が45名になりました | トップページ | 自由と尊厳の祝祭0503 生存権を否定する消費税は廃止しよう! »

反緊縮の政治への転換を」カテゴリの記事