全国のなかまとともに

12/13なかまユニオン全組合員集会・講師は札幌地域労組の鈴木さん

 12月13日、大阪市内でなかまユニオン全組合員集会が開催されました。

2015_12140035

 ゲスト講師は、札幌地域労組副委員長の鈴木一さんです。鈴木さんは、労働者が集まって労働組合(ユニオン)を作ることで、はじめて経営者と対等に話し合うことができるのだという、ユニオンの初歩からお話を始めました。

 労働基準法でも、労働契約法でも、労働者と使用者とは対等平等な関係で雇用契約を結ぶということになっています。しかし、労働者が個人で社長と対等に話し合いすることができるわけがありません。その点、ユニオンなら社長と対等に話し合えます。労働者個人ではできないことが、ユニオンならできるのです。

 このことは、日本では日本国憲法第28条に書いてあるのですが、これは日本だけのことではありません。世界中の国の憲法に、同じような条項があるのです。世界中の労働組合が、長い間の努力によって勝ち取ってきたのが、労働者の団結権、つまりユニオンを結成する権利なのです。

2015_12140055

 鈴木さんは、若い時に自分の働いていた会社で労働組合を結成したことがあります。しかし、その時は会社のずるい不当労働行為(組合つぶし)によって、どんどん人数が減ってしまい、悔しい思いをしたのだそうです。

 そのような悔しい思いを繰り返さないために、鈴木さんは「つぶされない労働組合づくり」をモットーにしています。

 不当労働行為(組合つぶし)は、最初から想定しておかねばならないのだそうです。職場にユニオンをつくったら、不当労働行為はあって当然と最初から考えておけば、ひどい目にあっても慌てずにすむのです。

 鈴木さんの、ユニオン結成と不当労働行為への反撃の数々のお話は、手に汗握るものでした。不正なことを許さない勇気のみなぎる眼力。先の見えない状況でも夢をあきらめてしまわないロマン。不安をかかえる仲間へのあたたかな心遣いの言葉。したたかな知恵がもたらす、あっと驚くような逆転勝利の展開。これはユニオンでしか味わえませんね。そこには、生き生きとした人間ドラマがあります。

2015_12140059

 集会のあとは、クリスマスパーティーです。ユニオンの組合員がご馳走を持ち寄りました。チキンの唐揚げやアボカドサラダ、野菜の煮物などが並びます。ピラフが炊けて、いい匂いが漂います。

2015_12140065
 職場の問題が最近解決したという人、現在進行形で職場と交渉している人、さまざまな話が語られました。なかまユニオンは、みんなが助け合いながら、ブラック企業をどうこらしめてやろうかと、あの手この手を練っているのです。

2015_12140066


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11.3団結まつり

 11月3日、大阪の扇町公園で団結まつりが開催されました。

2015_11040006

 なかまユニオンは、クレープのお店などを出しました。

2015_11040033
HEARTユニオンは、ドレミの歌の替え歌で活動報告をしました。

2015_10220018




| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京東部労組全溶支部が10/9にストライキを敢行

 東京東部労組全溶支部は、10月9日にストライキを行い、株式会社全溶の本社前で抗議アピールを敢行しました。

100902


 労働者に説明もなしに賃金の一方的引き下げを行ったことや、安全無視の人員削減を行ったことに抗議するためです。

100904

 当日の動画を見ていると、みなさんの切実な要求が伝わってきます。仕事を愛し、会社を愛し、仲間を愛する、東京の下町の労働者の暖かな心が伝わってきます。涙が出るほどです。

 社会の表舞台に出てくる政治家どもの人でなしぶりに疲れ果てることの多い今日このごろですが、庶民には「おかしいことはおかしい」と実直に発言する誠実で健康な精神が息づいています。まだまだ、この国も捨てたものではありません。

 なかまユニオン小松病院分会は、激励のメッセージを送りました。私たちは全溶支部に連帯し、ストライキを支持します。会社は誠実に団体交渉に応じ、問題の解決を行うべきです。

東京東部労組全溶支部の皆さんへ
 会社にどんな事情があるにせよ、労働者にことわりもなしに一方的に賃金カットをすることは許されません。鉄道のレールを溶接する業務内容からいっても、安全無視の人員削減は許されません。
 また、団体交渉申し入れに対して会社が応じないことは許されません。
 会社が団体交渉に応じ、問題の解決が行われるよう、私たちも応援しています。
 なかまユニオン小松病院分会 分会員一同

 労働相談センター速報・東京東部労組全溶支部の10/9ストライキ

 [動画YouTube]・たましいの叫びを聞け、東部労組全溶支部のストライキ行動

1009003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回コミュニティユニオン全国交流集会inあいち

 9月26日~27日の二日間、愛知県の名古屋近郊の工業地帯・刈谷で、第27回コミュニティユニオン全国交流集会が開催されました。

2015_09270024

 なかまユニオンと同じように、全国各地で活動している個人加盟の地域ユニオンが年に一回集まって交流するのが、この全国交流集会です。

2015_09270030

 壇上で炎の帽子をかぶっているのは、ストライキを決行して全国的に有名になった東京東部労組メトロコマース支部のみなさんです。

 職場に一ケタの組合員しかいないのにストライキができるのか?できるということを実際に示してくれたのがメトロコマース支部です。最近の日本は、企業の横暴に対して日本国憲法にも定められたストライキ権を行使することが難しくなっています。しかし、やり方次第では「できる」のです。

2015_09270023_2


 フィリピントヨタ労組と、その支援のみなさんです。安い人件費をねらってフィリピンに工場進出したトヨタ自動車が、横暴な運営で不当解雇を行ったことに対して、フィリピントヨタ労組は何年間も不当解雇撤回を求めて闘い続けています。今回、トヨタ自動車発足の地である刈谷での交流集会が開催されたのは、トヨタ自動車への社会的な圧力という意味もあります。

2015_09270049_2

 中谷雄二弁護士は、労働問題の裁判をしてきた経験を語ってくれました。「労働裁判には、ほかでは味わえない感動がある」とおっしゃいます。

 労働者が不当な扱いを受けて弁護士に相談してきたとき、「法律上はどうしようもないね」とか「判例では、裁判しても、うまくいっても〇〇万円だね」とか、法律と判例の枠の中でしか考えない弁護士が多いのだと中谷弁護士は憂います。それは結果的には被害者にあきらめろと我慢を強いるものでしかないのです。しかし、中谷弁護士は怒ります。「法律の問題じゃないだろ。人権の問題だろ。判例をどう突破するか考えるのが弁護士だろ。」

2015_09270052

 中京大学の大内裕和教授は、最近問題になっているブラックバイトの背景には、奨学金の問題があると告発しました。

 学生がブラックバイトに悩まされています。「バイトのシフトを断れないせいで試験を受けられない」「バイトのシフトを断れないせいで就職の面接にいけない」こんな学生が急増しているのです。

 「そんなバイトなら、辞めちゃったらいいんだ」と思うのは、学生が現在直面している実情を知らない世代の人なのだと、教授は言います。

 「辞めたくても辞められないんですよ。奨学金の返済をしなきゃいけないからです。」

 大学を卒業して就職したら1000万円の借金を背負うことになる、それが奨学金の実情です。順調に返済できればまだ幸せです。ちょっとでも返済が遅れたら、延滞金として10%という率で追加徴収されるのです。膨れ上がる利子は高利貸と同じで、「60歳になっても奨学金を返済しきれない。」「本人は死んでこの世にいないのに、奨学金返済の督促が届く」そんなことが発生しているのです。

 「奨学金を返済できない人は軍隊に入ってもらう」つまり「金を返せなかったら戦場に行ってこい」という制度がアメリカでは始まっているし、アメリカべったりで安保法を作ってしまった安倍政権が、これを日本でも開始するおそれがあると、大内教授は警告しました。

 安保法制と並行して、徴兵制が準備されているという噂は、本当のことだったんですね。参加者はみんな、これはどうにかしないといけないぞと顔を見合わせていました。

2015_09270094


 夕刻は、立食パーティ形式のレセプションです。参加者が舞台上にもあがりましたが、400人も参加しているので、全員がスピーチというわけにはいきません。

2015_09270098


 シャープのフィリピン人の労働組合のみなさんです。8月に不当解雇をされて、解雇撤回と企業の再生を求めて闘っています。フィリピン人は、逆境に強いですよね。つらい立場のはずなのに、仲間といっしょにいるのがうれしくてたまらない雰囲気で、明るく元気に歌い始めます。

2015_09270131


 地域ユニオンは個人加盟なので、芸人さんも加盟しています。名古屋で大道芸をしているという芸人さんも参加していました。びっくり。

 以上、全国交流集会の1日目でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかまユニオン2015春闘交流会

 2月22日、なかまユニオン2015春闘交流会が開催されました。

2015_02220062

 春闘集会には東京から前中小労組政策ネットワーク事務局長の平賀健一郎さんにゲストとして来ていただきました。

2015_02220067

 平賀健一郎さんがおっしゃるには、安倍総理が仕事をする部屋には株価のリアルタイムの掲示板があるのだそうです。證券会社のビルの玄関にあるようなやつですね。

 安倍総理やその部下たちは、株価の上がり下がりばかり気にしながら政治をしているのだそうです。当然、自分が持っている株の値の動きばかりに気を取られるわけですから、公正で長期的視野の政治ができるわけがないのです。最近の安倍政権が国民から浮き上がった動きをしている原因がわかった気がしました。

2015_02220069

 平賀さんは東京総行動を企画し実行してきた方です。労働者が解雇されたりひどい目にあって闘いに立ち上がった時に、お互いに協力し合って会社や背景資本への抗議行動を一斉に行うのが東京総行動のやり方です。労働組合の上部団体の系列や政党支持などにとらわれず、誰もがお互いに協力し合って争議の解決をめざし、たくさんの成果をあげてきました。

 背景資本というのは、企業のメインバンクのことです。メインバンクは企業運営に大きな影響力を持ち、場合によっては実質的な経営権まで掌握している場合があります。社長に要求しても解決できない場合に、背景資本と交渉することで打開の道が開くことがあるのだそうです。 

 平賀さんには、小松病院分会の取り組みについても具体的なアドバイスをいただきました。ありがとうございました。教えていただいたことを肝に銘じて、より良い職場をめざしていきたいと思います。

2015_01171183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかまユニオンのクリスマスパーティー・I can't breathe男も登場

  12月23日、なかまユニオンのクリスマスパーティーが開催されました。

2014_12230970

   なかまユニオンは手作り料理が自慢です。今回は組合員の手作りのローストビーフが登場しました。ローリエの香りが香り立ちます。

2014_12230973
今年の団結まつりで評判になった 妖怪ユニオン体操です。みんなで盛り上がりました。

2014_12230961_2


  今年も、様々な職場で問題が発生し、なかまユニオンの活躍で解決することができました。クリスマスパーティーはそんな仲間が一堂に会してのお祝いの場です。また、現在職場での交渉が継続中の仲間もいます。そういう仲間を激励する場でもあるのです。

2014_12231032

  「I can't breathe男」も登場しました。アメリカでは今年「I can't breatheファッション」が盛り上がっています。「I can't breathe」のTシャツを着て公式戦に臨んだバスケットボールチームが話題になったりしました。

  禁煙の路上でタバコを吸っていたというだけの理由で黒人青年のエリックが白人警官に公衆の面前で絞殺された事件が、アメリカ中で問題になっているのです。黒人だというだけの理由で下に見られて命を奪われるというようなことが、21世紀になった今でも発生しているのです。エリックが最後に残した言葉「I can't breathe(息ができない)」が、抑圧された人々の抵抗の合言葉になっているのです。

  エリックが絞殺される様子は、なんとYouTubeにアップされて全世界で見ることが可能です。ただし、あまりにも残酷な映像ですので、ご覧になることはお勧めできません。

  息ができないのは日本の職場もいっしょです。私たちは、当たり前に息ができるパワハラの無い職場をめざして、来年も奮闘していきたいと目を輝かせているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川シティユニオン村山敏さんはラテン系・ユニオン12月集会

  12月12日、なかまユニオン12月集会が大阪市内で開催されました。

2014_12131010

  12月集会では、この半年間の各支部、各分会の取り組みを報告しあいました。小松病院分会は、報告ビデオを作成して上映しました。今年職場で発生した劣悪管理職による強烈パワハラ事件のことなどを動画にしました。卑怯な劣悪管理職に反撃を加え、パワハラを乗り越えてきた経過に、「感動した」という声をいただくことができました。

2014_12131009_2


  集会のメインゲストは神奈川シティユニオンの村山敏さんです。

  神奈川県の川崎を中心に活動する神奈川シティユニオンとは、遠く離れてはいますが不思議な縁があり、5年前からの交流があります。

2009_11280006

2009_11280011

  2009年の11月に東京の最高裁判所前の松下PDP偽装請負事件の抗議行動で、なかまユニオン小松病院分会が作成したドラゴンを神奈川シティユニオンの村山さんに気に入っていただき、「ぜひ譲ってくれ」と買っていただいたことがあります。

030302

  神奈川シティユニオンは、外国人労働者の生活と権利を守るために奮闘しています。

  「日本の企業は労働法を守らなきゃいけないという意識が弱いんだ。特に、外国人労働者が相手だと法律を守ろうっていう気が全然ない経営者が多い。」と村山さんは言います。外国人が働く場合、労働基準法違反の低賃金や、仕事でけがをしても労災扱いしないなど、違法行為のオンパレードなのです。

  会社の都合で突然「明日から来なくていいよ」と言われて解雇された人、仕事中に手首を切断する大けがをしたのに労災手続きどころか解雇を通告された人。それが外国人であった場合、言葉の壁があるせいで相談できる人がおらず、泣き寝入りすることが多いのです。

  神奈川シティユニオンは、そういう外国人労働者のために、通訳を用意して労働相談にのり、団体交渉で問題解決に乗り出しているのです。ペルーなど、スペイン語圏の労働者が特に多いそうです。「おれ、外国人が好きなんだよね。」と村山さんは言います。

  日本の国の政策としては、「外国人労働者は受け入れたい、しかし永住してもらっては困る」という矛盾した形になっています。おかげで、外国から労働者たくさん働きに来ているのに人間扱いされないというひどい実態になっているのです。これでは、真の国際化はできませんよね。外国人が人間扱いされる日本になることが、日本が国際社会で生き延びていく最善の道のはずです。

2014_121310152

  お好み焼きを食べながらの二次会では、村山さんが韓国の歌やラテンの歌を披露しました。ラテン系の労働者が多い神奈川シティユニオン。村山さんは大阪人もびっくりするほどののりのよさで、陽気に歌い、本音で語り、手品をしてはみんなを笑わせて、明るい気分にさせてくれました。

  私たちは、いろんなユニオンの経験を生かしながら、労働者の生活をまもるためにどんどん新しいことにチャレンジしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニオン出るけん、出られんけん!団結まつり2014

  11月3日、秋晴れの大阪。市内の扇町公園で団結まつりが開催されました。

2014_110320140537

  「アベノミクスやめてくれ!」そう思っている人なら、だれでも参加していいのです。労働組合や脱原発の運動など、様々な人が来ていました。

2014_110320140502
  恒例の沖縄の獅子舞がにぎやかに場を盛り上げます。

2014_110320140589
  韓国からは現代自動車非正規職労組のパク・ヒョンジェさん、ハンウル原子力発電所非正規職労組のイム・ジェギョンさん、「戦争のない世界」のヨ・オクさんが参加しました。

2014_110320140481
  なかまユニオンも参鶏湯などのお店を出しました。生マッコリ、うまいです。

2014_110320140454

  なかまユニオンのステージ企画は、妖怪ウォッチで大流行の妖怪体操第一の替え歌、「ユニオン体操」です。「ユニオン出るけん、出られんけん」「どうして残業代もらえたの?ユニオンのせいなのね、そうなのね!」と歌って踊りました。ウィッス!!!

2014_110320140612








| | コメント (0) | トラックバック (0)

春よ、遠き春よ!しかし着実に近づく春よ!

 2月16日、なかまユニオン春闘交流会が行なわれました。

2014_02160006

 「春闘って、パナソニックとか大企業の労働組合がやってる、テレビのニュースの中の話で、私らとは関係ないと思ってましたわ。」

 そんな正直な意見もありました。まったくその通りです。私たち中小企業で働くものにとっては、春闘なんて歴史教科書に書いてある昔々の出来事でしかなくなっていました。

 もともと、春闘というのは、4月の年度替わりにあたって賃上げを実現するために始まった労働組合の交渉・運動のやり方でした。一つの企業の枠の中だけで交渉するのではなく、多くの企業の労働組合が統一要求を出して社会的に賃上げを実現しようとしたのです。

 高度経済成長の頃は、日本の生産力が全体的に増加し、毎年毎年企業の収益が右肩上がりに上がっていったので、このやり方がうまくいったのです。

 ところが、経済の規模が大きくなるのが止まってからというもの、このやり方はどうもうまくいかなくなってきました。

 しかし、それを「経済成長が止まったからだ」と単に経済のせいにしてしまっては何か間違っている気がします。どちらかというと、労働組合が情勢の変化についていけなくなったからだと考えたほうがいいのではないでしょうか。

 たとえば、昔は会社員と言えば正社員ばかりで、「パートさん」というのは例外的な存在でした。ところが、経済成長が止まったころからパート労働者の数はどんどん増え続け、派遣・請負など、様々な形の非正規雇用があたりまえのように見られるようになってきました。

 昔のような正社員中心の労働組合運営が行き詰るのは当たり前の話だったのです。

 私たちが継承すべき伝統は、「地区労」と呼ばれる地域ごとの労働運動が実践していたような、職場の枠を超えた中小企業の労働組合も参加する春闘の形だと思います。

 労働組合は、お偉い社長様や教祖様が与えてくれるものではありません。労働者どうしが組み合って、時には取っ組み合って、作り上げていくものです。

 なかまユニオンは、「すべての職場に労働組合を」という労働者の春の実現をめざして、あーでもない、こーでもないと論議しながら、進んでいくのです。

2014_02120006

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「我々は口舌の徒ではない」・NPO労働相談センター石川源嗣さん

 12月14日、NPO法人労働相談センター理事長の石川源嗣さんのお話を聞きました。

Canmiwdo

 石川源嗣さんは、全国一般東京東部労組の活動をしてこられた方で、その組合活動の一環としてNPO法人労働相談センターを2004年に立ち上げたのです。

 NPO法人労働相談センターには、一年間に8000件に近い労働相談が寄せられています。すごく多いなと思うのですが、石川さんは、「多いと言われていい気になってはいけない」と自らを戒めます。

 「地域ユニオンという形態は、中小企業の労働者、パートや派遣など非正規の労働者にとってふさわしい組合の形態である」と石川さんはおっしゃいます。「日本では、全労働者の8割が、中小企業労働者か非正規労働者なんです。だとすれば、年間8000人というのはまだまだ少ないと思わなきゃいけない。私たちは、志を大きく持たなきゃいけない。」

 労働相談を寄せてくる人のほとんどは、インターネットを見てくるのだそうです。確かに、NPO法人労働相談センターのホームページは充実しています。労働相談に応じる側の「労働相談ボランティア」の募集もホームページでされています。そして、このホームページの企画設計も石川さんがしているのだそうです。

NPO法人労働相談センターのサイト

2013_12140003

 石川さんはおっしゃいます。

 「今の日本では、労働者が会社から不当な仕打ちをされることはいくらでもある。そんな時、どう考えても労働者には二つの選択肢しかないんだ。一つ目は、社長とケンカして辞めること。二つ目は、我慢して黙って働き続けること。」

 「どちらも嫌だと言うのなら、第三の選択肢がある。それが労働組合を作ることなんです。会社の中で言いたいことを言い、会社を良くしていきたいと考えるのなら、労働組合なくしてそれを実行しようとしても絵に描いたモチになってしまう。労働組合が第三の選択肢なんだ。」

 石川さんは、「我々は口舌の徒ではない」とおっしゃいます。「口舌の徒(こうぜつのと)」とは口先だけのヤツのことです。社長が何もわかってないと言うのなら、会社を良くしたいと言うのなら、いつまでも口先で言っているだけではなくて実効ある行動に出ることが必要なのです。

 日本国憲法は、「勤労者の団結権」を定めています。職場に問題があるとき、誰か偉い人の力を頼る前に自分たちで力をあわせて自主的に解決しろということなのです。それが労働組合です。

 私たちは、石川源嗣さんに教えていただいたことをよく肝に銘じ、これからも元気にユニオン運動を進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧