均等待遇・差別撤廃・労働者憲章

正社員をパートに引きずりおろす?キケンな有期雇用法制化

 11月16日、なかまユニオンとOPEN(平和と平等を拓く女たちの絆)は、有期雇用法制化を考える学習会を開催しました。happy01

2010_11190007

 今年の9月10日、政府の私的諮問機関である有期労働契約研究会は、有期雇用法制化に関する報告書を出しました。

 この研究会は、有期雇用、つまりパートやアルバイトなどの非正規雇用について新しい法律を作ることをめざしている研究会です。

 パートやアルバイトが職場で差別されていることは、誰もが問題だと感じていますよね。正社員並みに働いていても、給料は半分以下。ボーナスがもらえなかったり、もらえても正社員に比べてすごく少なかったりします。その他、いろいろなところで差をつけられて嫌な思いをしながら働いているのです。

 このような差別の解消を求める声の大きさに押されて、政府は有期雇用についての新しい法律を作ろうと考えました。そして、この研究会を発足させたのです。

 ところが、今回の研究会の報告書はとんでもない内容でした。

2010_11190023

 報告書がいいたいことは要するにこういうことです。パートが正社員に比べて低く扱われているのが問題なら、正社員の方の待遇を引き下げれば、それで差別が解消されて結果オーライになるじゃないか。coldsweats02

 報告書は、パートの待遇を引き上げることで差別を解消するのではなく、正社員の待遇を引き下げることを提案したのです。

 具体的にはこうです。まず、現在正社員として働いている労働者の中には、「真の正社員」と「ニセの正社員」がいるのだと論じます。

 「真の正社員」として認められるためには、こんな条件をクリアしなければなりません。まず、残業しなければならない時には喜んでいくらでも残業する人です。自分の健康とか家族の都合とかを考えて「今日は早く帰らないといけないんで・・・」と残業をしぶる人には「真の正社員」の資格はありません。

 「今からソウルに出張に行ってくれないかな。向こうの取引先と話をまとめるまで滞在してもらうから、何日間の出張になるかは、君の腕次第だね。一日も早く話をまとめてきてくれたまえ」と突然いわれても、「わかりましたっ。喜んで行ってきます。」と必ず言えるというのも、「真の正社員」である条件です。自分の健康とか家族の都合で、ためらう心が発生するようでは、「真の正社員」とは言えません。

 「君、ウランバートル支社に営業主任として配属されることが決まったから、来週から行ってくれたまえ。良かったな、出世コースだぞ。」と言われたら、「ありがとうございますっ!」と最敬礼をして、来週までに単身赴任のためのあれやこれやの準備をできなくては、「真の正社員」とは言えません。やはり、自分の健康とか家族の都合でそれができないようではだめなのです。

 このような、会社に人生を賭け忠誠を誓うスーパービジネスマンだけが、「真の正社員」の姿なのだと報告書は言います。

 では、そうではない人はどうなるのでしょうか。健康上の問題をかかえていたり、めんどうを見るべき家族がいたりして、会社の無茶な命令どおりに残業や出張や転勤ができない人はどうなるのでしょうか。あるいは英語や中国語やモンゴル語ができないのでウランバートルへの転勤ができそうもない人はどうなるのでしょうか。そういう人は「ニセの正社員」だから、今後は正社員の地位は剥奪されて当然だと言うのです。

 報告書の考え方では、今後は正社員の下に「正社員二流」とか「正社員三流」とかいう地位をつくって、「ニセの正社員」の人たちはそういう「二流」「三流」に格下げにすると言うのです。

 「真の正社員」である資格の無い人は、「二流」「三流」に格下げして、当然のことながら賃金もパート並みに下げてしまうというのが、報告書の提案です。なるほど、これでパートと正社員との差別は解消して、めでたしめでたしとなるわけか・・・・・・

 って、そんなこと、めでたくないわっ!shock

 ほとんどの正社員は「二流」「三流」に格下げされるわけでしょ。とんでもない話です。それでパート差別が解決したと考える連中は、どうにかしています。日本中で雇用の非正規化が進んで、日本の労働者全体が生活できなくなってきたのが問題なのに、それを更にひきさげるんですか?どこまで労働者をいじめたら気がすむんだっ!

 私たちは、このような内容で有期雇用法制化が進むことには、断固として反対です。pout

2010_11190021

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そういうことだったのか!同一価値労働同一賃金

 10月12日、秋の学習講座「均等待遇~同一価値労働同一賃金の原則~の実現に向けて」が開催されました。主催はなかまユニオンとOPEN(平和と平等を拓く女たちの絆)です。

2010_10140031

 学習講座では、滋賀大学の山田さんにお話をしていただきました。

 同じ仕事をしているのに、パートの給料が正社員の半分しかないなんておかしいやないか!同じ仕事をしていたら同じ給料を支払うべきだ!これが「同一労働同一賃金」の考え方です。説得力ありますよね。

 ところが、企業経営者はこれに対してニヤニヤ笑いながら、「同じ仕事じゃなかったらいいんだろ!」と反論してきます。「パートは正社員に比べて簡単な仕事しかさせないことにするよ。それなら給料が半分でも文句言えないだろう。どうじゃ、まいったか!」というのがその反論です。

 ところが、実際には簡単な仕事しかさせないと言っても、その差はわずかしかないことが多いのです。正社員よりちょっとだけ簡単な仕事にしておいて、給料は半分というのが実態なのです。これではやっぱりおかしいですよね。

 そこで、「同一労働同一賃金」の考え方を更に一歩進める必要が出てきました。たとえ異なる仕事をしていても、同じ価値のある労働をしていたら同じ給料にするべきだ、それが「同一価値労働同一賃金」の考え方なのです。「同一価値労働同一賃金」は「同一労働同一賃金」の発展形なのです。

 山田さんは、価値が同じかどうかを評価するための職務分析・職務評価のツールを開発しています。負担・知識技能・責任・労働環境の4つのファクターを分析することで、異なる仕事の間の価値の比較が可能になるのです。

 日本での研究はまだまだ始まったばかりなので、万能ではないのです。しかし、山田さんの研究のなかで、ホームヘルパーと看護師との比較をしてみたら、ホームヘルパーの賃金(現行は平均時給が1242円)は時給2894円に引き上げるのが妥当だという結果が出たそうです。

 このツールを使えば、正社員に比べてちょっとだけ簡単な仕事をさせられているパートの労働者の賃金が、本当は何円が妥当な額なのかを計算することができるのです。

2010_10140039

 学習講座にはパナソニックPDP偽装請負不当解雇事件の当事者の吉岡力さんも参加しました。吉岡さんは、「差別禁止・均等待遇を求める労働者憲章」についての提案を行いました。

 派遣やパートの賃金や待遇が低く抑えられているのは人間性に対する差別であり、人権問題です。誰もが生活していける、差別のない働き方を実現するための理想像を明らかにする私たちのマニフェストが、労働者憲章です。

 労働者憲章は、お偉い政治家の先生や天から降りてきた教祖様が授けてくれるものではありません。それは労働者どうしが話し合いながら力と知恵をあわせて産み出していくものなのです。私たちは、今後も議論と研究を深め、労働者憲章をつくりあげていきます。

2010_09190138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかまユニオン女性交流会・スイーツおなかいっぱいです

 9月12日、なかまユニオン女性交流会が大阪で開催されました。

2010_09120482

 いろいろな職場の人の話が聞けておもしろかったです。

2010_091204872

 スイーツが食べきれないほど出されました。シフォンケーキに特製生クリームをしぼり出して食べました。

 2010_09120483

 ラスクはブルーベリーも蜂蜜も良かったけど、プレーンが一番おいしかったです。

2010_09040022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかまユニオン女性交流会やります

 9月12日、なかまユニオン女性交流会が開催されます。

2010_09110081

 女性には、女性ならではの悩みや問題があります。生理休暇や産休は大企業ではあたりまえのように保障されていますが、中小企業では使うことが難しいのが現状です。ましてや、派遣などの非正規労働者の場合は、女性の権利の行使はたいへん難しくなります。おかげで働き続けられない人が続出しているのです。

 残念ながら、女性どうしでなければ理解しあえない問題もあります。女性どうしの話し合いの中から解決に向けてのきっかけがつかめればいいなと、女性交流会を企画しました。

2010_09110064

 10日の夕方、会場となるクレオ大阪東のもよりの駅である京橋で、女性交流会への参加を呼びかけるビラを配布しました。金曜日の夕方の京橋はすごい賑わいです。

2010_09110049

 日時は9月12日、午後1時30分開始です。

 会場はクレオ大阪東(駅に設置された看板によればJR環状線京橋駅から徒歩11分)

 スイーツを準備してお待ちしています。

2010_09110083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同一価値労働同一賃金とはどういうことか

 ちょっとびっくりしましたが、すでに労働組合の経験のあるはずの方から、次のような声を聞きました。

 同一価値労働同一賃金って、なんのことかわからん。

 これは、同じ価値を生み出す労働をしている人には、同じ賃金を支払うべきだという考え方です。男子正社員中心主義の古くからある企業別労働組合はこんなことは主張しませんが、最近の地域ユニオンではこのような考え方が主流になってきています。

 分かりやすい例をあげましょう。一つの職場で正社員と派遣職員とが混在して働いていて、同じ仕事をしているのに賃金は派遣の人のほうが半分であるという場合がありますよね。こういうことはけしからんというのが同一価値労働同一賃金の主張です。「同じ仕事してるんだから同じ賃金はらえよ」ということです。

 月給で働いている正社員と時給で働いているパート職員とでは、同じ仕事をしていてももらえる賃金に歴然とした差があるわけです。これはおかしいというのが、同一価値労働同一賃金の考え方です。非正規労働者の大幅賃上げを求める運動の根拠になっているのが、同一価値労働同一賃金の考え方です。

 外国に目を向けてみましょう。オランダの例です。オランダではフルタイム労働者も、半日だけ働くパートタイム労働者も、時給は同じでなければならないということが、法律で定められています。オランダは同一価値労働同一賃金があたりまえとされている国なのです。

 もちろん、非正規の低い賃金にあわせて正社員の賃金のほうを引き下げて平等を確保しろというのは間違いです。日本では、自立して生活するために必要な時給は最低でも1200円であることが経済学者の研究によってわかっています。時給800円では長い目で見れば生活していけないのです。時給1200円以上ということを前提にして、非正規労働者の賃金を正社員並みに引き上げようというのが、私たちの主張なのです。

2010_08080005

| | コメント (0) | トラックバック (0)