なかまユニオン

みんなが手を振ってくれたよ! 夏のアメリカ村デモ

 7月24日の夕刻。陽は傾いたとはいえまだまだ暑い大阪のアメリカ村で、なかまユニオン若者プロジェクトによる夏のデモを行いました。

Dscf63552

 もう定年を迎える人は、かろうじて年金をもらえます。しかし、今の20代の人は将来は年金なんて無理だと言われています。若者世代にとって、日本の国の制度はどんどん残酷になっているのです。

 賃金は、最低賃金にはりついたままで、生活はぎりぎりです。将来のことを考えて貯蓄にまわす余裕もありません。病気でもしたらえらいことです。

 

Dscf6356-3

 また、若者を狙い撃ちにした解雇事件も起きています。入社したばかりの人を「社風にあわないから」というような上司のわがままでパワハラをして解雇してしまうのです。しばいたろか!なかまユニオンの若者は、解雇撤回を求めて、ブラックな会社と交渉し裁判を行っています。

 

Dscf6357

 アメリカ村は、大阪市内のミナミ、難波と心斎橋の間にある若者カルチャーの発信地です。歩いている人がみんなおしゃれです。私たちは、アメリカ村こそなかまユニオンが「あきらめるな」と訴えるのにふさわしい場所だと思いました。

 なつかしの名曲、ジョン・デンバーのカントリーロードにのせながら、「首切りを やめろ」「パワハラをやめろ」「差別を やめろ」「今すぐ やめろ」とコールしていきます。

 そして、「パワハラにあった時は なかまユニオンで検索」とコールしました。くわしいことはツイッターやウェブサイトで見てもらえばわかります。コールが長いとだれてきてしまうし、何を言ってるのかわからないコールでは伝わりません。コールは元気に簡潔にわかりやすく。これが大切だと考えました。

Dscf6364-3

 今回のデモは、沿道からのレスポンスがとても多かったのです。最先端のファッションのショップの中から店員さんが手を振ってくれたり、自転車を停めて横断幕やプラカードを一つ一つ見ながらじーっとコールを聞いている人など。確実に伝わっている手ごたえがありました。うれしい。

 なかまユニオンは、関西・京阪神を中心に活動しています。職場のトラブルをかかえた人の実情に寄り添いながら、解決の道をいっしょに探ります。解決事例多数の実績があります。一人で悩まず、電話相談は下記へ。

なかまユニオン労働相談センター

06-6242-8130

月~金 10:00~19:00 日曜 13:00~17:00

 

|

おしゃべりハイキング・春の飯盛山に登りました

 4月17日、なかまユニオンのおしゃべりハイキングが行われました。

Img_20220417_114516_20220426145548-002

 大阪の生駒山系、大東市にある飯盛山に登りました。戦国時代の飯盛城の城跡があります。JR野崎駅に集合して野崎観音から山道に入ります。

Img_20220417_132035_20220426145646-002

 飯盛城は1530年ごろに築城され、1560年から三好長慶(みよしながよし)の城となりました。三好長慶は将軍足利義輝を京都から追放し、織田信長が政権を取るまでの間、日本の政治の中心であった京都を支配した武将として知られています。

Img_20220417_135328_20220426145328-002

 飯盛山は標高314メートル。天候も良く、遠くのほうに大阪市内の高層ビル群が見えます。ウグイスも鳴いています。

Img_20220417_1406232_20220426145740-002

 山道に咲いていたシャガの花。アイリス・ジャポニカとも呼ばれています。

 

 なかまユニオンの組合員どうし、日ごろは忙しくてゆっくりお話をする時間もとれませんが、この日ばかりはおしゃべりをしながら山道を歩き、交流を深めることができました。

 

|